きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

北海道の天気 2/9(火) 日本海側はこの冬一番の積雪!落雪やなだれにご注意を

2021年2月9日12:00

(佐藤俊和気象予報士が解説) 正午現在

◆きょう9日の最深積雪
日本海側では雪の量が多くなっています。
倶知安でも積雪が2メートルに達するなど、
こちらにあるすべての地点で今シーズン一番の積雪となりました。

特に夕張では積雪が急増しています。
きのう8日の午前中はちょうど100センチでしたが、一気に50センチ以上も増えたんですね。
これからあす10日にかけても、もう少し雪が増えそうです。

◆予想降雪量(~10日朝)
石狩北部と中空知・南空知で最大20センチなど、
8日夜ほどの勢いはありませんが、さらに積雪が増える予想です。
屋根からの落雪やなだれなど、十分に注意してください。

◆午後の天気
日本海側や噴火湾周辺は雪が降りやすいでしょう。
きのう8日より範囲は狭いものの局地的には強く降りそうです。
車の運転は、見通しの悪さに注意が必要です。
札幌の中心部は弱い雪が舞う程度と見ています。

◆予想最高気温
南西部は氷点下3℃前後、道北は氷点下5℃前後の予想です。
きょうも全道で真冬日となりそうです。

◆週間予報
・日本海側とオホーツク海側
あす10日は雪の降り方が弱まるでしょう。
オホーツク海側の雪も、数センチ程度の見込みです。
土曜日は寒さが緩み、札幌は6℃、稚内も3℃まで上がる予想です。

・太平洋側
函館は、あす10日の午前中、雪が降りやすいでしょう。
木曜・金曜は穏やかな天気で、日中の気温も少しずつ上がりそうです。
ただ、来週は低気圧の影響で荒れた天気となる可能性があります。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE