きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

北海道の天気 1/27(水) 午後は気温急降下!日本海側では猛吹雪のところも

2021年1月27日12:00

(佐藤俊和気象予報士が解説) 正午現在

きょう27日は低気圧や前線が通過したことで、南西部の平地では雨が降りました。
また、道東は湿った雪で、十勝南部などで20センチほど積雪が増えました。
まとまった雨雲や雪雲は東へ抜けつつありますが、
今度は強い西風に乗って寒気がやってくる見込みです。

◆予想最高気温
南西部では5℃以上の予想です。
道北でもプラスと3月後半並みまで上がる予想ですが、
既に気温のピークを越えている所もあります。

◆午後6時の気温
このあと気温が急降下して、午後6時の気温は
ほとんどの地域で氷点下となる見込みです。
けさ、札幌では氷の表面が濡れてとても滑りやすくなりましたが、
夜も凍結路面にご注意ください。

◆午後の天気
太平洋側とオホーツク海側は日差しが戻るでしょう。
一方、日本海側の沿岸はふぶく所があり、
先ほど、稚内市に暴風雪警報が発表されました。
雪の量はそれほど多くありませんが、
特に夕方以降は吹雪による見通しの悪化に十分注意してください。

◆週間予報
・日本海側とオホーツク海側
あす28日は穏やかな天気ですが、日中も厳しい寒さとなりそうです。
金曜日は発達した低気圧が近づきます。
土曜日にかけて猛吹雪や大雪となるおそれがありますので、
買い物などはあす28日のうちに済ましておくと良さそうです。

・太平洋側
こちらも金曜日・土曜日と大荒れとなり、
交通機関に影響が出るかもしれません。
来週は強い寒気が流れ込み、
来月3日の立春の日は真冬の寒さとなりそうです。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE