きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

【北海道の天気 1/25(月)】氷点下23℃の“霧氷”まるで桜吹雪...春の訪れは?

2021年1月25日18:40

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後6時30分現在

◆霧氷
北海道の寒さは、美しい自然芸術をプロデュースします。
気温が氷点下20℃以下になると樹に結晶が付着し、
白い花が咲いたような「霧氷」が見られるようになります。
24日の朝は、上富良野町で氷点下23℃まで下がり、仕上がった霧氷は朝日に照らされ、
結晶がとけて空を舞う姿は、まるで桜吹雪のようでした。

◆26日の天気
広範囲で晴れるでしょう。
石狩南部から胆振地方は、午後は天気が崩れ、湿り雪や雨が降るでしょう。
降雪量は、多い所で5~10センチです。

◆26日の気温
朝は内陸部では、氷点下25℃前後まで下がりそうです。
北見の最低気温は、氷点下23℃の予想です。
日中の気温も、前日よりも3~8℃も低く、再び寒さが厳しくなりそうです。

◆春の訪れは?
気象台から発表された3か月予報によると、2月の平均気温は平年並みですが、
3月、4月の平均気温は、平年よりも高めで、
期間中の日本海側の降雪量は、平年より少なくなりそうです。
今年は、雪解けが早く、桜が咲くのも早いかもしれませんね。

◆週間予報
27日(水)は湿った雪や雨が降るでしょう。
29日(金)太平洋側でドカ雪の可能性があります。
30日(土)は、日本海側で猛吹雪のおそれがあります。
今週は、前半は雪解けが進みますが、後半は積雪が増えるでしょう。
路面状況の変化にご注意ください。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE