きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

喜茂別町で-25.7℃北海道内今季最低を観測 日本海側中心に大雪注意

2020年12月20日12:20

 北海道内は12月20日も冬型の気圧配置が続き、日本海側を中心に強い雪が降っています。

 また内陸部では、今季一番の冷え込みとなりました。

 北海道内は雪を伴い風が強く、日本海側を中心に大雪となっていて、視界の悪い状態が続いています。

 20日午前10時までの24時間に降った雪の量は、留萌の羽幌町で32センチ、岩見沢市でも15センチの雪が降り、積雪は128センチとなり、住民は雪かきに追われています。

 日本海側では、21日朝までに多いところで40センチの雪が降る見込みで、大雪による交通などの影響に注意が必要です。

 この雪の影響でJRは函館線や室蘭線で20日も、特急など89本が運休しています。

 また20日は内陸部を中心に厳しい冷え込みとなり、札幌の隣喜茂別町では、氷点下25.7℃と今季一番の寒さを観測、道内7地点で氷点下20℃を下回っています。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE