きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

【北海道の天気 12/11(金)】凍った湖に出現した"アイスバブル" 今だけの自然芸術

2020年12月11日18:40

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後6時20分現在

◆アイスバブル
十勝の足寄町のオンネトーでは、今月に入り、氷点下10℃前後の日が増え、湖の結氷が始まりました。
透明な氷の下に、泡のような模様が出ていますが、「アイスバブル」と呼ばれる現象です。
オンネトーの近くには火山があるため、湖底から噴き出したガスが、湖に閉じ込められ凍結したもので、
本格的な積雪を前に見ることができる初冬だけの自然の芸術です。

◆12日の天気
日本海側では雪の所がありますが、降雪量は上川・留萌地方の多い所で10センチです。
札幌は、雪はちらつく程度で、12月としては穏やかな天気です。
ただ、12日も、午前中はPM2・5の濃度がやや高く、空がかすんで見えるかもしれません。

◆3日間の予報
日曜日の夕方は、道南で湿り雪が降るでしょう。
週明けから、強い寒気が流れ込むため、日本海側で、大雪・吹雪のおそれがあります。
交通障害にご注意ください。
札幌も、根雪の始まりとなりそうです。

◆週間予報
日曜日から来週水曜日にかけて、真冬並みの寒気が居座りそうです。
日本海側は雪が続き、降雪量はトータルで100センチ以上の所もありそうです。
寒さが厳しく、全道的に真冬日となりそうです。
特に、太平洋側の内陸部は、朝晩は氷点下10℃以下の冷え込みが続くでしょう。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE