きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

北海道の天気 12/7(月) 穏やかな天気はつかの間 冬型の気圧配置が強まりふぶくところも...

2020年12月7日12:00

(吉井庸二気象予報士が解説) 正午現在

◆穏やかな天気もつかの間
午後は、次第に西高東低の冬型の気圧配置が強まり、上空には寒気も流れ込みそう。
夕方以降、雪や風が強まり、ふぶくところもありそうです。

◆あす8日朝にかけての予想降雪量
上川北部の多い所で20センチ、その他、道北や空知などで10センチくらい降りそうです。
札幌は市内最大5センチ、中央区はちらつく程度でしょう。

◆時間ごとの天気
・道央と道南
日中は日差しが出て、気温も5℃前後まで上がるでしょう。
夕方以降は、空知や後志などで雪が降りやすくなります。
札幌は、一時的にちらつく程度でしょう。

・道北とオホーツク海側
日中は降っても、湿った雪が中心です。
留萌や稚内などには、風雪注意報が発表されています。
夕方以降は、吹雪による視界の悪化にも注意をしてください。

・太平洋側
晴れる所が多くなります。
気温は6℃前後で平年より2℃くらい高い所が多いでしょう。

◆週間予報
・日本海側とオホーツク海側
あす8日も道北は雪が降りやすく、積雪が増えていきそうです。
旭川と稚内は最高気温でも氷点下1℃です。
水曜日以降は、大雪の日はありませんが、
来週月曜日は、低気圧が発達し荒れるおそれがあります。

・太平洋側
水曜日以降は、土曜日にかけて平年より高い日が多くなるでしょう。
ただ、朝晩は氷点下となるので、ブラックアイスバーンなどにご注意ください。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE