きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

【北海道の天気 11/3(火)】初雪観測の舞台裏 今冬から機械観測スタート 天気業界も自動化の波が…

2020年11月3日19:00

(菅井貴子気象予報士が解説) 午後6時30分現在

◆稚内で初雪
北海道の上空には、今季一番の強い寒気が流れ込んできています。
きょう午後3時半ごろ、稚内の気象台から初雪の発表がありました。全国で一番早い便りです。
あすにかけては、旭川でも、観測されるかもしれません。
札幌も風向き次第ですが、北西の風が吹くと、雪雲が流れ込み、初雪となる可能性があります。
上川地方や後志地方の内陸部は、道路が積雪状態となる所があるでしょう。
あす朝の車移動は、気を付けましょう。

◆初雪観測
北海道は8か所の気象台・測候所の構内で、初雪の観測をしています。
札幌では、1877年の寒候期から続く昔ながらの方法、「気象台職員が目視で観測する」ですが、そのほかでは、今年から「機械による自動観測」に変わりました。
感雨器が雨か雪かを判別します。
天気の世界でも、時代に伴って自動化が進んできていますね。

◆あすの天気
朝は、広範囲で雪が降り、内陸部では積雪となりますが、
午後は、雨に変わり、路面の雪もとけるでしょう。
足元も悪くなりそうです。
十勝地方は、冬晴れとなりそうです。

◆あすの気温
きょうに比べ5℃以上低く、今季一番の寒さです。
最高気温でも、稚内・旭川は4℃、札幌は7℃です。
晴れ間が出る太平洋側も、一桁の気温です。
ダウンやマフラー、手袋などで、防寒をしましょう。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE