きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

北海道の天気 7/21(火) ゆっくり雨雲が接近中で午後は雷雨に…内陸は蒸し暑さにも要注意

2020年7月21日12:00

(吉井庸二気象予報士が解説) 正午現在

午後は、低気圧の接近で、天気は下り坂です。
雷を伴った土砂降りの雨となるおそれがあるので注意が必要です。
買い物や洗濯物の取り込みは早めにすませましょう。

◆雨雲の予想
雨雲の動きはゆっくりで、日中は西半分で雨が降ります。
特に、道央や宗谷地方で夕方は雨脚が強まりそうです。
さらに、夜は、道北で雨雲が発達。
道北を中心に激しい雷雨となるおそれがあります。
お出かけは大きめの傘があると安心です。

◆午後の天気
・道央と道南
札幌は、午後3時ごろから雨が降り出します。
夕方は雷を伴って雨脚が強まるおそれがあります。
雷鳴が聞こえたら、家の中で過ごすようにしましょう。

・道北とオホーツク海側
旭川、名寄、富良野、北見は31℃、
きのうよりさらに蒸し暑さがアップしています。
また、雷雨のピークはあす明け方です。
今夜は、パソコンなどのプラグを抜いて、お休みになるとよさそうです。

・太平洋側
胆振地方は、夕方に雨脚が強まりそうです。
その他は、雨の降りだしは夜になってからとなりそうです。

◆週間予報
あす日中は、雨が降ったりやんだり、不安定な天気が続きます。
また、4連休もすっきりしない空模様です。
傘マークのない日もにわか雨のおそれがあるので、雨具があると安心です。
週末にかけて高温多湿の日が続きます。
カビ対策、食中毒対策もしっかりと行いましょう。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE