きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

北海道の天気 7/14(火) きょうも大気の状態は不安定...急な雨に注意!金曜日から日差し優勢

2020年7月14日12:00

(佐藤俊和気象予報士が解説) 正午現在

◆上空の寒気の動き(5500m付近)
水色は-12℃以下で、この時期としては強い寒気です。
きのうからこの寒気が離れそうで離れず、
今夜にかけても北海道に居座ります。
そのため、晴れて地上の気温が上がると、大気の状態が不安定になって、
きのうのようなにわか雨がありそうです。
さらに、あさってにかけてもなかなか北海道を離れず、
金曜日になるとようやく東へ抜けていく予想です。
この先もしばらくは折りたたみ傘を持っておいた方が良さそうです。

◆午後の天気
雨マークは帯広だけですが、上川・空知・十勝の山沿いでは、
局地的ににわか雨がありそうです。
また、札幌など道央も晴れて気温が上がると、にわか雨があるかもしれません。
オホーツク海側と太平洋沿岸は雲が取れにくいでしょう。

◆予想最高気温
きのうと同じか、やや高い所が多いでしょう。
札幌、旭川は26℃で夏日、北見は3日ぶりに20℃に届く見込みです。

◆週間予報
・日本海側とオホーツク海側
あす、あさってと内陸を中心に変わりやすい天気となりそうです。
特にあさっての北見は雷雨となるかもしれません。
その後は晴れて気温が上がります。
来週月曜日、旭川は31℃、北見は30℃まで上がる予想です。

・太平洋側
あすも沿岸を中心に雲が広がるでしょう。
金曜日以降は日差しが優勢で、真夏の暑さとなりそうです。
外だけでなく、室内でも熱中症に気をつけましょう。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE