きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

北海道の天気 6/5(金) きょうも大気不安定 夕方にかけて急に土砂降りとなるところも

2020年6月5日12:00

(佐藤俊和気象予報士が解説) 正午現在

◆雨雲の様子
内陸のところどころで雲が湧き始めています。
このあと、オホーツクの内陸で積乱雲が発達する見込みです。
また、道央でも局地的な雷雨がありそうです。

◆午後の天気
晴れ間のあるところが多いですが、晴れて気温があがるほど夕立が起こりやすくなります。
雨マークのないところでも、これから夕方にかけて、急に土砂降りとなるところがありそうです。

◆雷の発生確率
北見周辺は確率が非常に高く、南空知など道央でも雷が起こりやすくなっています。
突風やひょうなど激しい現象を伴う可能性がありますので、空模様の変化にご注意ください。

◆予想最高気温
日本海側は暑さがややおさまり、きのうに比べて、小樽は8℃、留萌は10℃低くなる見込みです。
全道的に20℃前後と暖かいですが、雷雨のあとは空気がヒンヤリするでしょう。

◆週間予報
・日本海側とオホーツク海側
あすは雲が取れにくく、ところどころでにわか雨があるでしょう。
最高気温は15℃前後の予想で、長袖が必要となりそうです。
日曜日は日差しが戻り、旭川は21℃まで上がる見込みです。

・太平洋側
あすは釧路など東部の内陸でにわか雨がありそうです。
来週の中ごろはまた気温が高くなります。
水曜日の最高気温は函館で25℃、帯広は24℃の予想ですが、もっと高くなる可能性があります。
最新の情報をチェックするようにしてください。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE