きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

土砂災害 低い土地の浸水 河川の増水“警戒” 太平洋側200ミリ超える雨量も…JR47本運休

2021年9月18日18:40

 北海道の南海上を発達しながら通過する低気圧の影響で北海道内は太平洋側を中心に大雨となっていて、9月18日夜遅くまで土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。

 各地の午後4時までの24時間に降った雨の量はえりも岬で、236ミリと観測史上最も多い雨を観測したほか日高地方や道東で雨の量が多くなっています。

 9月19日夕方までに予想される雨の量はいずれも太平洋側東部の多いところで60ミリ、1時間雨量は30ミリと予想されています。

 気象台は太平洋側では9月18日夜遅くまで土砂災害や低い土地の浸水などに警戒するよう呼び掛けています。

 この雨の影響でJRは根室線や花咲線などの一部区間で運転を見合わせ、「特急おおぞら」など47本が運休、9月19日も17本の運休が決まっています。


<きょうの天気>
きょうの天気
<あすの天気>
あすの天気
<きょうの予想気温>
きょうの予想気温
<あすの予想気温>
きょうの予想気温
<きょうの風と波>
きょうの風と波
<あすの風と波>
あすの風と波
MORE