きみと、ずっと。UHB|北海道文化放送

UHB
RECRUIT

人を知る

INTERVIEWS

営業局 営業部

石川 広大

ISHIKAWA KODAI

UHBでのやりがい

私は、営業部に所属し、CMを中心に番組やイベントなどをセールスしています。
私たちは視聴者から直接お金を頂くのではなく、道内外の企業や自治体などのスポンサーから収入を得ています。私の一番の業務は、道内の視聴者とスポンサーをつなぐこと。さらに、そのスポンサー収入によって、より多くの面白い番組を道内の視聴者に還元できるよう日々、営業活動をしています。
担当スポンサーの商品が売れたり、知名度が上がったり、検索数が増えたり・・・という結果が出た時に、やりがいを感じると同時にホッとした気持ちになります。初めてのテレビCMづくりから担当している家電販売店で、生中継を行った際に、中継終了直後から店舗の電話が鳴り、中継を観た人が店舗に来店してくれた時は、やりがいを特に感じました。
まだまだ経験していないことがたくさんあるので、チャンスがあれば何でも挑戦してみたいです。営業としては担当スポンサーからもっと頼っていただけるような企画を提案していきたいです。

営業部員でも、ヘリコプターにも乗ります!

UHBを選んだ理由

子供のころはクルマが好きだったのでカーデザイナー、学生の頃は建築家に憧れ、経済学に興味を持ち、経済学科の大学に進学・・・とテレビ局とは無縁の世界で生きてきました。就職活動中に様々な仕事を見ていく中で“面白いことをやって評価される”仕事に憧れを抱き、テレビ局を志望するようになりました。他局と比べUHBに“カジュアルな雰囲気”を感じUHBに入社しました。入社してみてもやっぱりUHBはカジュアルでした 笑

北海道のために

部署や立場によって様々な貢献方法があると思いますが、営業なのでやはり北海道企業の成長に貢献することが“北海道のために”つながると思います。
様々なメディアが生まれつつある中でも、北海道は他エリアに比べテレビの影響力は大きいと日々感じているので、テレビのメディアパワーを活用して担当スポンサーの成長に貢献できればと思います。

こんな“北海道”が大好きだ

北海道の良さは“ほどよく栄えていて、ほどよく小さい”ところだと思います。表面積で言えば北海道は広いですが、日常生活は30分圏内でほぼ済んでしまいます。ちなみに今の通勤時間は7分で最高です。買い物なども大体のお店は揃っており、いざとなれば東京まで90分なので大丈夫です。何より家賃が安く、外食の値段とクオリティーのバランスがとにかく最高です。皆さんも1年北海道に住めば魅力を分かっていただけると思います!

担当スポンサーの番組企画で、海外ロケに同行

関連会社採用情報

UHB GROUP