週間番組表

MENU CLOSE
検索

介護施設に勤務する35歳の看護師の男 睡眠作用ある薬物飲ませ81歳男性を"意識障害"にさせる…外部から薬物を持ち込んだか 北海道登別市

事件・事故 社会 友だち追加

 介護施設の利用者に薬物を飲ませ意識障害を起こさせたとして逮捕された看護師の男は、薬物を外部から持ち込んだとみられることがわかりました。

送検される渡辺裕一容疑者

送検される渡辺裕一容疑者

 傷害の疑いで送検された北海道登別市の看護師、渡辺裕一容疑者(35)は5月30日、勤務する登別市内の介護施設で利用者の81歳の男性に睡眠作用などがある薬物を飲ませ、薬物中毒による意識障害を起こさせた疑いがもたれています。

事件があった介護施設

事件があった介護施設

 関係者によりますと使用された薬物は施設のものではなく、渡辺容疑者が外部から持ち込んだとみられることが新たに分かりました。

 渡辺容疑者は、容疑を認めていて警察は犯行の動機などを調べています。