週間番組表

MENU CLOSE
検索

「拳銃の様な物を持った人が銀行に来ている」パトカー集結 銀行騒然 "十徳ナイフ"所持 54歳男を逮捕 腰にはモデルガンも…「正当な事をしているだけで違法なことはしていない」 札幌市

事件・事故 社会 友だち追加
銀行に駆けつけたパトカー 騒然とする銀行周辺 (撮影:視聴者)

銀行に駆けつけたパトカー 騒然とする銀行周辺 (撮影:視聴者)

 銀行内に刃物を持ちこんだとして、54歳の男が銃刀法違反の現行犯で逮捕されました。男はモデルガンも所持していました。

 逮捕されたのは、札幌市東区に住む自称無職の男です。

 男は4月1日午前9時ごろ、札幌市東区北15条東15丁目の北洋銀行北15条支店で、刃物の厚さが基準値の0.25センチメートルを超える0.27センチメートルの十徳ナイフを所持していたとして、駆け付けた警察官に現行犯で逮捕されました。
 
 警察によりますと、窓口で男からの相談に対応していた銀行員が、腰の前のベルト部分に刺さっている銃のようなもの発見。銀行員から「拳銃のようなのもを持った人が銀行に来ているので来てください」と警察に通報がありました。

 警察が駆けつけたところ、持っていたのは銃身がプラスチックでできているモデルガンと判明。しかし、身体検査で刃物の厚みが基準値の0.25センチメートルを超える0.27センチメートルの十徳ナイフが見つかりました。

 ナイフはカラビナにつけられ、腰ベルトに付けられていました。

 警察の調べに男は「正当なことをしているだけで、違法なことはしていない」と供述しているということです。

 警察は引き続き男から事情を聞くなどし、動機などを調べています。