週間番組表

MENU CLOSE
検索

"マンション廊下で3日連続不審火" 全て同一人物による犯行と判明 26歳無職男を再逮捕 「発泡スチロールや段ボールに火をつけた」動機不明 北海道函館市

事件・事故 社会 友だち追加
3日連続で

3日連続で"火付け"…送検される小西康太容疑者

北海道函館市のマンションで、段ボールに火をつけ建物を燃やそうとしたとして放火未遂の現行犯で逮捕された26歳の男が、ほかにも同じマンション内の廊下で2回にわたり、発泡スチロールや段ボールなどに火をつけ建物を放火しようとしたとして再逮捕されました。

現住建造物等放火未遂の疑いで再逮捕されたのは函館市港町3丁目に住む無職・小西康太容疑者(26)です。

小西容疑者は1月25日午後5時45分ごろ、自身が住むマンションの廊下に置かれていた発泡スチロールと釣り竿に火をつけ建物を燃やそうとした疑いです。

さらに翌日の26日午後6時ごろも、同じマンションの廊下に自分で持ってきた段ボールに火をつけて建物を燃やそうとした疑いが持たれています。

いずれもマンションの住人が消火活動にあたり、火は消し止められました。

この事件を巡っては、27日にも小西容疑者が自分で段ボールを持ち込み、ライターで火をつけ、建物を燃やそうとしましたが、警戒していた警察官に現行犯逮捕されていました。

調べに対し小西容疑者は「25日、26日も廊下で発泡スチロールや段ボールに火をつけた」と容疑を認めています。

警察はいずれも小西容疑者の単独での犯行とみていて、なぜ火をつけたのかなど動機を詳しく調べています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル