週間番組表

MENU CLOSE
検索

「雪が心配…どうするの?」 札幌駅バスターミナルの閉鎖で”仮設バス停”の運用始まる 各バス会社はスタッフ配置し利用客誘導

友だち追加

 札幌駅バスターミナルが閉鎖され、駅周辺に分散して設置された仮設のバス停の運用が10月1日から始まりました。

 JR札幌駅周辺の再開発に伴い、札幌駅バスターミナルは9月30日で閉鎖されました。

 「赤れんが庁舎の向かいには1列になって高速バスの停留所が並んでいます」(沼田海征記者)

 仮設のバス停はそれぞれのバス会社によって設置場所が異なり、バス会社はスタッフを配置するなどして利用者を誘導していました。

 バス停は札幌駅南側の屋外に広く分散され、利用者が慣れていくのには時間がかかりそうです。

「(心配なのは)雪じゃないですか。(バス停の)中に入れる人はいいけど、はみ出た人はどうするのかな」(利用者の男性)

 仮設のバス停は2028年度まで運用が続きます。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル