週間番組表

MENU CLOSE
検索

致命傷 “肺の近くまで達する” 刺し傷… 『強い殺意』? ススキノホテル首切断事件 後ろ手に拘束し首付近刺す

事件・事故 社会 友だち追加

 ススキノのホテルで首を切断された男性の遺体が見つかった事件で、殺人の疑いで再逮捕された親子のうち、娘が男性を後ろ手に拘束し殺害したとみられることが新たにわかりました。

 14日、殺人の疑いで再逮捕された無職の田村瑠奈容疑者ら家族3人は、7月にススキノのホテルで恵庭市の男性会社員を殺害した疑いがもたれています。

 捜査関係者によりますと瑠奈容疑者は当時、男性を後ろ手に拘束し、抵抗できない状態で背後から首付近を刃物で刺したとみられることが新たに分かりました。

 致命傷になったのは肺の近くまで達する深い刺し傷で、瑠奈容疑者が強い殺意を抱いていた可能性もあるということです。

 また、殺害直後にホテルで男性のスマートフォンを工具で壊し、証拠隠滅を図ったとみられています。

 3人は殺人容疑について否認や黙秘していて警察が調べを進めています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル