週間番組表

MENU CLOSE
検索

北海道なのに"ジメジメ"暑い!高温多湿「曇っても涼しくならず」道内3か所で35℃以上の猛暑日に…熱中症や食中毒に厳重警戒

天気 友だち追加

 7月25日の北海道内は、35℃を超える猛暑日を観測するなど厳しい暑さとなりました。

 26日以降も気温が高く、熱中症や食中毒に厳重な警戒が必要です。

 午前10時前には気温30℃を超えた北海道・北見市です。

 この暑さを楽しみに水遊び場には大勢の子どもたちが集まっていました。

 市民:「水遊び最高です。楽しいです」

 市民:「じめっとしていますね。いつもだったら、曇りだと涼しいけれど、そんなこともなく」

猛暑日3地点 真夏日62地点と蒸し暑い状態続く

猛暑日3地点 真夏日62地点と蒸し暑い状態続く

 北海道内は、南からの暖かく湿った空気の影響で、広く雲に覆われており、蒸し暑い状態が続いています。

 7月25日の最高気温は、帯広市や池田町、浦幌町で35.5℃を観測し、今年初めて35℃以上の猛暑日となったほか、北海道内62地点で30℃以上の真夏日を観測しました。

 この気温の高い状態は、今後一週間は続く見込みで、熱中症や食中毒に厳重な警戒が必要です。