週間番組表

MENU CLOSE
検索

"一家全員で関与"か…"60歳の母親"も死体遺棄や死体損壊で逮捕 ススキノホテルで首切断殺人事件

事件・事故 社会 友だち追加

 札幌市ススキノのホテルで7月、首が切断された男性の遺体が見つかり、死体遺棄などの疑いで29歳の女と医師で59歳の父親が逮捕された事件で、60歳の母親も関与した疑いが高まったとして、7月25日逮捕されました。

 新たに逮捕されたのは、札幌市厚別区のパート従業員・田村浩子容疑者です。

 警察によりますと田村容疑者は、すでに逮捕されている娘で職業不詳の瑠奈容疑者と医師で父親の修容疑者と共謀し、7月1日深夜から2日未明にかけて、札幌市中央区ススキノのホテルで、恵庭市に住む62歳の男性会社員の首を刃物のような物で切断した上、頭部を持ち去った疑いがもたれています。

 捜査関係者によりますと、父親の修容疑者は事件前、札幌市内の小売店で、事件に使用したとみられる刃物やスーツケースなどを購入していたことが新たに分かりました。

 事件当時、男性はスーツケースを引いた人物と一緒にホテルに入室していて、一家全員で入念に計画し、犯行に関与した疑いが強まっています。

 これまでの家宅捜索で、田村容疑者の自宅から人の頭部が見つかり、歯形などから、会社員男性のものと特定されていて、警察では7月25日にも司法解剖を行う方針です。

 警察は3人の認否を明らかにしていませんが、男性の殺害にも関与したとみて、3人から事件の経緯などを詳しく聴いています。