北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

真夏は気温20度の釧路でひんやり…霧を有効活用した夏の一大イベント「霧フェス」目玉のひとつは霧のレーザーショー

友だち追加

 7月21日も各地で暑い一日となりました。
 
 一方、7月の平均気温が18度という北海道釧路市では7月21日から涼し~いイベントが始まりました。

 福岡 百 記者:「こちらのていねプールでは涼しさを求めて、たくさんのお客さんでにぎわっています」

 最高気温28.6度を観測した札幌市。
 
 先週末から営業を始めたていねプールは、7月21日も小学生らでにぎわっていました。

 保護者:「とりあえず水分飲ませてます。あと頭濡らしたり」

 保護者:「冷たいもので首元冷やしたりとか」

 古沢 哲也 記者:「旭川市中心部です。先ほどまでこちらのメイン通りで取材をしていたのですが、日差しが強く休憩をしていないと立っていられないほどの暑さです」

旭川市で28.8度観測

 最高気温28.8度を観測した北海道旭川市では暑さをしのぐため、日傘をさすなどの対策をして外出する市民の姿が目立ちました。

 旭川市民:「いつも頭が(汗で)べちゃべちゃだし。いっぱい飲み物持ってきて帽子は絶対かぶせるようにはしています」

 旭川市民:「エアコンとか事務所に入ってるんですけど、ギャップ。外が約30度で室内が冷房。大変です、体がついていけない」

 一方、北海道旭川市から約250キロ離れた北海道釧路市では…。

 田中 うた乃 記者:「午前11時の釧路市の気温は21度です。長袖でも少し肌寒いような感じがします」

「霧の街・釧路気温」の7月21日の最高は21.3度でした。

釧路で霧フェス

 夏の間は1か月の半分ほどが厚い霧に覆われ、太陽が姿を見せません。
 
 まるで街全体が天然のクーラーのようで、7月の平均気温は18.5度。

 札幌市よりも4度も低いんです。

 釧路市民:「20度とか行っちゃったらもう、ちょっとつらい」

 釧路市民「あったかいです。これくらいの気温で半袖着ないと、釧路で着る日がないっていうか」

 釧路湿原は年間約50万人が訪れる人気の観光スポット。
 
 涼しさの中で手つかずの広大な自然や野生の動物を見ることができます。

 コロナが5類に引き下げられ、2023年の夏は多くの観光客が涼しさを求め訪れていました。

 群馬県からの観光客:「(これで)最高の気温ですよね、寒いけれど。夏、エアコンが要らない」

 大阪からの観光客:「大阪と違って爽やかですね」

 湿原を流れる川ではカヌーを楽しむ人の姿も。自然を間近で楽しめるアクティビティが人気です。

 カヌーに乗った人:「オジロワシを見れてよかったですね。ちょっと寒かったけどすがすがしく乗れました」

 そして、釧路市の夏の一大イベント「霧フェス」が7月21日から3日間開催されます。
 
 釧路の霧を観光資源にしようと39年前から始まったイベントで、目玉のひとつは霧のレーザーショー。
 
 霧に色とりどりの光線が当たり、会場は幻想的な雰囲気に包まれます。

霧のレーザーショー

 ステージでは豪華アーティストのライブも予定されています。

 くしろ霧フェスティバル2023 高橋 建作 実行委員長:「釧路は霧が厄介ものと言われていたんですけど、それを何か違うものに有効活用できないかということで霧フェスをやっています。本当に涼しい地域かなと思っていますけれども、寒さを吹き飛ばすくらい熱い霧フェスをつくりたいなと思っています」

 夏の間にぜひ涼しい釧路市を訪れてみてはいかがでしょうか。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル