週間番組表

MENU CLOSE
検索

闇に紛れる「忍者グマ」 OSO18 ついに"鮮明な姿"をキャッチ DNA検査でヒグマの正体判明…牛を襲撃後10キロ移動

事件・事故 社会 友だち追加

 立ち上がると2メートル以上…鮮明な姿を初めて捉えました。

 北海道東部の標茶町周辺で、次々と牛を襲うクマ、OSO18について、標茶町が設置したカメラが初めてカラー写真で姿を捉えました。

 木の幹に自分の臭いをつけようと、背中を擦りつけるクマ。

 そばに設置したスケールで、立ち上がった時の全長は2メートルを超えています。

OSO18 (提供:標茶町)

OSO18 (提供:標茶町)

 この写真は6月25日朝、標茶町の町有林で撮影されたものです。

 木の幹には、クマの体毛を採取するヘアトラップが仕掛けられていて、DNA検査で、このクマは、4年前から標茶町や厚岸町で牛66頭を襲ったヒグマ、コードネーム「OSO18」と確認されました。

 OSO18の姿が鮮明な画像で捉えられたのは初めてです。

 田中 うた乃 記者:「この写真が撮影された前日には、標茶町内の牧場で牛1頭がOSO18に襲われる被害がありました」

木に背中をこすりつけるOSO18 (提供:標茶町)

木に背中をこすりつけるOSO18 (提供:標茶町)

 標茶町によりますと、この写真が撮影された前日、撮影現場の茶安別から直線距離で10キロ離れた上茶安別の牧場で牛1頭が襲われ、死ぬ被害がありました。

 今回の撮影によってOSO18の1日の移動距離も明らかになり、捕獲に向けた重要な手掛かりとなりました。

 明らかになったOSO18の姿に地元の酪農家は…

OSO18のお尻 (提供:標茶町)

OSO18のお尻 (提供:標茶町)

 地元の酪農家:「初めてみたけど大きいですね。家畜を襲うことはやめてもらいたい。やめないと思うので捕獲しかないと思う」

 牧場の牛5頭が被害 佐藤 守さん:「被害に遭う1週間前にもクマを見た。毛が短い大きいクマだったんですよね。似ているなっていう印象ですね」

 標茶町や厚岸町はOSO18の捕獲のため、クマの目撃や痕跡を発見した際は連絡するよう呼びかけています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル