週間番組表

MENU CLOSE
検索

目指すは"日本一 町民に必要とされる道の駅"…ローカルの魅力発信「at LOCAL」堀田悠希さん #BOSSTALK

社会 道内経済 友だち追加

 「日本一、町民に愛されること」を目指す道の駅が北海道東部、士幌町にあります。商品開発を手がけるばかりか、地域をまるごとプロデュース。観光資源としても注目されています。運営会社「株式会at LOCAL」代表取締役、堀田悠希さんに地方創生のあり方を聞きました。

オリジナル「シホロTシャツ」はスタッフも愛用

オリジナル「シホロTシャツ」はスタッフも愛用

――Tシャツに「シホロ」と文字が書かれていますね。道の駅で販売しているんですか?
 そうなんです。可愛いですよね。スタッフ一同愛用しています。

――ほかにもいろいろな商品を扱ってますね。
 3月に発売開始した「しほろ牛出汁ラーメン」。こちらは、3月だけで1000袋ずつ売れました。

――道の駅を訪れた際に"これだけははずせない"おすすめを1つ上げるとしたら?
 一頭買いのしほろ牛を使い、本物の剣先スコップに乗った「剣先のステーキ」が看板メニュー。関東方面から訪れた観光客はびっくりしますね。おいしいですよ。

飲食業への憧れ…食の根幹"農業"学ぶため農協に就職

農家と都市部の消費者の懸け橋に

農家と都市部の消費者の懸け橋に

――ご出身は?
 北海道東部、十勝の中札内村出身です。

――子どものころは?
 5歳の時、父が帯広市から移住して、小さな焼き肉店をオープンしたんです。5歳なりに小さなエプロンを付けて、ホールに立って「サガリです! ジンギスカンです!」と言いながら、お手伝いしてました。

 そのような環境で育ったので、幼いころから、食べることで幸せな空間をつくれるんだなと感じていましたね。

――学校もそういう選択をされたんですか?
 そうですね。高校生の時から、地域の野菜や特産物を使ったカフェや飲食業を営むことに憧れを抱いていて。進学は経営を勉強できる道に進みました。

――卒業後は?
 大学1年生の時、急に母が亡くなってしまったんです。札幌や東京で就職したいなと思っていたんですけど、私と同じタイミングで弟も就職。「俺は中札内村には帰らないから、父さんのことは姉さんに頼みたい」と弟に言われたので、私は中札内村に帰ろうと思いましたね。

 いずれ飲食業を営むという志があったので、食の根幹である農業を学びたいと思い、第1キャリアとして、中札内村農協に就職しました。総合職でしたが、メインの業務は経理・事務。

 中札内村農協は面白くて、特産品は枝豆なんですね。とことん枝豆づくし。札幌市や東京、大阪に行き、販売会を開き、直接、消費者と交流しました。

 農家と都市部の消費者の懸け橋になるようなお仕事をさせてもらったので、私の中では良いキャリアだったなと感じています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル