週間番組表

MENU CLOSE
検索

再開発だけじゃない “狸小路”が変わる…北海道初出店や“パエリア日本一”の店が インバウンドなど観光客もターゲット

社会 友だち追加

 札幌市の商店街「狸小路」が変わろうとしています。

 大規模な再開発ビルだけではなく、個性的なお店が増えているんです。

 札幌市中央区の狸小路5丁目にある「狸小路横丁」には、さまざまな飲食店が入っています。

 6月には3店舗が新たに加わりました。

 せんから屋 KENTYSKITCHEN 加藤 ゆり 店長:「せんべいを衣にした、から揚げです」

せんから 200円(1個)

せんから 200円(1個)

 北海道初出店、沖縄県発祥のから揚げ専門店「せんから屋 KENTYSKITCHEN 」です。

 せんべいを衣に使った「せんから」が人気です。

 そして、こちらも北海道初出店、京都発祥のお酒の専門店「お酒の美術館 札幌狸小路店」です。

 「世界のお酒をお手ごろ価格で」がコンセプトで1杯500円から。

 全国59店舗のうち、こちらだけの特徴が。

 お酒の美術館 札幌狸小路店 三輪 広平 店主:「北海道産のワインや日本酒、北海道産のおつまみが食べられる」

 地元のお店も健在です。

 2021年に札幌市豊平区にできたクラフトビールメーカーの直営1号店「トランスブリューイング ビア スタンド」です。

 醸造所直送の新鮮なビールが楽しめます。

 トランスブリューイング ビア スタンド 高橋 優人 店長:「おすすめは今であれば、新作のレッドエンブレイス」

レッドエンブレイス  770円(250ml)

レッドエンブレイス 770円(250ml)

 来店客:「狸小路が変わってびっくりした。店が増えていて、ここを探すのが大変だった」

 なぜ、この時期にリニューアルしたのでしょうか。

 狸小路横丁をプロデュースした中村舜さんは。

 狸小路横丁をプロデュースした 中村 舜さん:「札幌駅周辺の再開発で商業施設『エスタ』がなくなると、人が南下してくることが予測される」

 北海道新幹線の札幌延伸工事に伴い、札幌駅周辺の商業施設が閉鎖されることにより人の流れが変わると予想しました。

 そして、こちらも7月3日にリニューアルオープンしたスペインバル「バル・エスパーニャ・カルネ」です。

 江上 太悟郎 アナウンサー:「おいしそう。エビ、カニ、ホタテ、ムール貝、いい香りが漂います。さすが日本一のパエリア」


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル