北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

子どもの“夏風邪”が大流行 口に発疹ができ発熱「ヘルパンギーナ」7年ぶり警報レベル…乳幼児に急増 家庭内感染防ぐには

社会 友だち追加

 子どもの夏風邪がはやっています。

 北海道札幌市では、口の中に発疹ができ発熱を伴うヘルパンギーナが大流行。

 家族間での感染も広がっています。

 どのように予防したらいいのでしょうか。

子どもを持つ母親は…

 男児(4)の母親:「鼻水がずっと出ていたり、せきが出たりしている」

 男児(4)・女児(1)の母親:「せきはちょっと長く続いた。2~3週間くらい続いていた」

 札幌市中央区の「認定こども園 さゆり幼稚園」では、6月から子どもたちの風邪が急増しています。

各クラス3~4人発症しているとのこと

 認定こども園 さゆり幼稚園 入山 美穂 園長:「先週あたりから発熱を伴う風邪がはやっている。一度風邪をひくと、長引いている子どもが多い。各クラス3~4人ぐらいずつ出ている状況」

 子どもたちの中で、何が起きているのでしょうか。

 クニリック・イン・サ・モーニング 岡田 純一 院長:「暖かい時期に入ってきているが、高熱を伴う各種の感染症や胃腸炎も多い印象を持っている」

特に発症しているのが「ヘルパンギーナ」

 特に大流行しているのが、ヘルパンギーナです。

 口の中の粘膜に水ぶくれのような発疹ができ、38度から40度の熱が1日から3日間続きます。

 乳幼児に多い病気で、喉の痛みや全身の倦怠感、食欲不振などを引き起こすことも。

警報レベルを上回る

 北海道感染症情報センターによりますと、札幌市内の患者は定点当たりの報告数が7.09と急増し、警報レベルを上回っています。

 1999年に統計を取り始めてから、最も早いペースです。

 クニリック・イン・サ・モーニング 岡田 純一 院長:「もともと高温多湿に強いウイルス。症状が治まってもウイルスが数週間は便の中に出るため、区切りをつけた予防が難しい」

 ヘルパンギーナの原因となるウイルスは、唾などによる飛沫感染、経口感染、便を介しての接触感染などで感染します。

家庭内で感染することも

 クニリック・イン・サ・モーニング 岡田 純一 院長:「小さい子ども同士、免疫を持っていない両親や家族に感染することも。大人の場合は子どもがかかるより、少し熱や症状が強いことが多い」

 家族間感染を防ぐためには、おもちゃのこまめな消毒や手洗い・うがいが効果的です。

 特におむつ交換のあとや、食事の前などにはしっかりと手洗いを。

 さらに…。

約8割の確率で新型コロナウイルス陽性に

 クニリック・イン・サ・モーニング 岡田 純一 院長:「発熱と咽頭痛・発熱とせきの症状の人を調べると、8割くらいの確率で新型コロナウイルス陽性」

 新型コロナウイルスの感染が再び拡大しています。

 5月に法律上の位置づけが5類となったことから、イベントや旅行が復活。

 日本医師会では第9波と判断しています。

 夏風邪や新型コロナ予防のため、基本的な感染対策が重要です。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル