週間番組表

MENU CLOSE
検索

牛を襲い続ける"忍者グマ"OSO18に強敵か?「今年は他にも大きなヒグマが複数現れ行動を阻んでいる可能性」対策会議で報告

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道東部の標茶町や厚岸町でヒグマ「OSO18」が牛を襲っている問題で6月28日、専門家らによる対策会議が開かれました。

OSO18とみられるクマ(提供:標茶町)

OSO18とみられるクマ(提供:標茶町)

 対策会議で道は6月24日に標茶町で牛が襲われ死んでいたのはOSO18によるものだと報告しました。

「OSO18は人間の匂いに非常に敏感」

「OSO18は人間の匂いに非常に敏感」

 NPO法人南知床・ヒグマ情報センターによりますと、OSO18は人間の匂いに非常に敏感であるということです。

周辺に予想外の大きなヒグマが存在

周辺に予想外の大きなヒグマが存在

 また、今年は大きなクマが複数いるとみられ、OSO18の行動を阻んでいる可能性があるということです。

OSO18のほかにも大きなヒグマが…

OSO18のほかにも大きなヒグマが…

 NPO法人南知床・ヒグマ情報センター 藤本靖 主任分析官:「昨年はもう一歩まで追い詰めているので今年は捕獲まで済ませたい」

OSO18とみられるクマ(提供:標茶町)

OSO18とみられるクマ(提供:標茶町)

 特別対策班は、クマや足跡などを発見した際は町に連絡するよう呼びかけています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル