北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

不動産×企画のベンチャー 起業家支援…ビル1棟改修 新興企業の拠点に「フルコミッション」山崎明信さん #BOSSTALK

社会 友だち追加

 起業家の支援に力を注ぐ、不動産企画・開発ベンチャーの株式会社フルコミッション。2011年に創業して以降、札幌やメキシコでゲストハウスを運営するとともに、古いオフィスビルを改装し、新興企業が集まる拠点も提供しています。代表取締役の山崎明信さんにスタートアップ育成のポイントを聞きました。

起業の理由…就職活動で目の当たりにした"地域格差"

「企業したい」思いが芽生えたのは学生時代の就職活動

――出身は? 学生時代をどう過ごしましたか?
 生まれは新潟県。転勤族だったので、山梨県、三重県、長野県と転々としていました。高校3年生の時に、帯広市の高校に転校しました。

 転校生だったので、男ウケするために面白い人でいようという気持ちで過ごしてました。札幌市の大学を卒業し、東京で就職。3年間不動産のディベロッパーとして働き、その後独立しました。

――ディベロッパーではどのような仕事を?
 総合ディベロッパーだったので、分譲マンションを企画して建てて売ったり、ビルをコンバージョン(用途変更)してシェアオフィスにしたり、シェアハウスを住宅にしたり、いろいろなことを経験しました。

――「起業したい」という思いをずっと抱えていたんですか?
 当時、両親が埼玉に住んでいたので、そこを拠点に就職活動をしていました。私の周りにいた札幌と東京の仲間、それぞれの就職活動を両方を見ることができたんですよ。

 東京の学生は、大学1年生からインターンを経験している。働くとはどういうことか、どういうことに興味関心があるのか、1~2年かけて考えていました。情報も選択肢も広いですし。

 一方で、札幌市の大学生は12月ごろに就職活動をスタートして、4月に面接が始まる。3~4か月しかない。3~4か月対2年。悔しかったですね。地域格差を少しでも埋めれたらと学生時代に思いました。起業したいという思いが芽生えた原点でしたね。

生活費を抑えるため仲間と"シェアハウス" 価値観&ビジネス広がる

海外でゲストハウスを展開

――起業するきっかけは?
 東京で起業しました。一人暮らしをしながら、オフィスを借りて仕事をしていましたが、東京は家賃がすごく高くて。起業したばかりで、全然売り上げもなかったのでかなりきつかったです。

 生活費を抑えるために、一軒家を仲間5人とシェアハウスを始めたんです。それがすごく良い経験でした。それぞれが起業家で、コミュニティーがあり、それぞれの人との繋がりを持っていました。

 そこから仕事をもらえたりもしたので、「シェアハウスってすごいな」と思いました。この価値観を広げるために、シェアハウス事業を始めました。

 東京都内では少しずつシェアハウスが増えていましたが、札幌市にはなかったので、札幌市でシェアハウス事業をスタートさせました。

――どういう広がり方だったんですか?
 多店舗展開しました。ただ、シェアハウスは住宅なので、短期滞在や宿泊はできなかったんです。短期滞在したいという人も増えてきたので、宿泊施設としてゲストハウスを広げました。

――札幌市の次に海外ですか?
 ゲストハウスはトータルで4店舗。ホテルをやったり、海外にも拠点を増やしました。

 ゲストハウスを経営し始めた時、外国籍の社員もいました。彼らが自分の国に帰国するタイミングで、彼らの国でゲストハウスを運営するきっかけになりました。

――どこの国で始めたんですか?
 初めはアフリカのタンザニア。次にベトナム。メキシコに行きました。

――展開が早すぎませんか?
 僕もびっくりしてます。人との繋がりの中で、チャレンジしてみようとやり始めたような感じですね。

 新型コロナ感染拡大のタイミングでかなり打撃を受けたので、現在はメキシコだけ残っています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル