北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

【レバンガ北海道】 桜井良太、来季限りで現役引退… 盟友 折茂に「何を言ってんだ!・・・思いは届きました」

スポーツ 友だち追加

レバンガ北海道 桜井良太選手

 2023-24シーズン限りでの現役引退を発表したレバンガ北海道の桜井良太選手(40)が6月22日、UHB「みんテレ」に生出演しました。ラストシーズンへの率直な思いを語ったほか、盟友折茂武彦代表(53)からのビデオメッセージには鋭いツッコミをし、スタジオは笑いの渦に包まれました。

 この日、桜井選手は札幌市内で会見を行い、2023-24シーズンをもって現役引退することを報告。
廣岡アナ:「ビックリしました!桜井選手」。
桜井選手:「ありがとうございます。ビックリしていただいて」。
 引退を決断した桜井選手は、明るい表情で引退会見直後の思いを語りました。
桜井選手:「まだ引退についてはあまりピンと来てなくて。というのも残り1シーズンあるので、次のシーズンに対してのワクワクする気持ちの方が強いですね!」

 北海道17シーズン目を迎える“北の鉄人”。シーズン開幕前に引退発表した理由は?
桜井選手:「2026年に新たなBリーグが開幕。そのハードルとして平均観客動員4000人というものがあるので、自分の“引退します”という宣言がどこまで動員に繋がるかわからないですが、ラストシーズンを注目してもらいたい。移籍選手も多い中で、“チームは大丈夫なのか?”という声も多く、“大丈夫だぞ”っていうところをしっかり見せるためにも注目してほしい」。

■折茂武彦代表からのビデオメッセージ
折茂代表:「レバンガ北海道の桜井良太が2023-24シーズンをもって現役を終えるということで、本当にいろんな思いがあるので、寂しい気持ちだったり、お疲れ様という気持ちだったり。いろんな気持ちがあります。北海道に来て彼とは長いシーズン一緒に戦ってきました。本当に長きに渡り北海道に貢献してくれた選手なので、ぜひラストシーズンは応援してくれたみなさんに、“元気な姿”また“良いプレー”を見せられるように頑張ってください。応援しています」。

 メッセージを受けて―
桜井選手:「この人こんなこと言ってるくせに、きょう会見来なかったですから!“何を言ってんだ”っていう話ですけど!・・・“思い”は届きました」。
 
 “桜井流”のツッコミでスタジオを沸かせた後、最後にラストシーズンへ力強い意気込みを語りました。
桜井選手:「長い間北海道でバスケットをやってきましたが、いよいよ次がラストシーズンということになりました。いろいろな思いをもってしっかりと頑張って臨んでいきたいと思いますので、みなさんぜひ周りの知り合いの方、友人、ご家族をお誘いになって、北海きたえーるに足を運んで応援よろしくお願いします」。


【桜井良太選手】
ポジション:SF 背番号:11
1983年3月13日 出身:三重県桑名市
身長:194cm 体重:89kg
四日市工業高―愛知学泉大―トヨタ自動車アルバルクーレラカムイ北海道―レバンガ北海道
主な記録:636試合連続出場(2020年1月26日SR渋谷戦)


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル