週間番組表

MENU CLOSE
検索

北海道のナイトカルチャーけん引…『心を豊かに』昼でも楽しめるススキノへ 「アートライフ」澤知至さん #BOSSTALK

社会 道内経済 友だち追加

 北海道のナイトカルチャーをけん引している有限会社「アートライフ」。パリコレモデルなど多彩な経歴を経てクラブや飲食店を経営する、代表取締役の澤 知至さんにエンターテインメントの重要性やススキノ活性化の青写真を聞きました。

 「アートライフ」は、2004年札幌市で設立。ススキノにオープンしたクラブ「フロールカフェ」からスタートし、北海道最大級のクラブ「alife sapporo」や「RIVIERA SAPPORO」、「SHOW MUSEUM JOLIJO」や、大人の遊び場をコンセプトとしたミュージックバー「SUPER SNACK」などを経営しています。

「先生しながら五輪出場」ケガで夢を絶たれ"ディスコ"でアルバイト

アスリートだったがケガで夢を絶たれディスコでアルバイト

アスリートだったがケガで夢を絶たれディスコでアルバイト

 出演の前にペンキ塗りしていたら、ペンキが跳ねてしまって。既成品の洋服に、自分でいたずら書きをしました。

――子どものころは?
 スポーツしかやっていない子どもでした。父がアルペンスキーの日本チャンピオンということもあり、スキーをずっとやっていました。

 中学生の時は、陸上の大会出場を先生にすすめられ、中学3年生で初めて走り幅跳びの大会に出場しました。札幌の記録を作りました。

 高校1年生時には、ハードル種目にも挑戦。走り幅跳びとハードルの2種目で全道優勝し、国体に出場しました。

 将来は、先生をしながら、オリンピックに出場するという目標や人生の設計図がありましたが、高校生活の後半に背骨を折ってしまった。そこで、将来の目標が無くなってしまったので、「ぐれてやろう」と思い、ディスコでアルバイトを始めました。

――札幌市内にもディスコがあったんですか?
 北海道民なら知っている人もいるかもしれませんが、「釈迦曼陀羅(しゃかまんだら)」「MAHARAJA SAPPORO(マハラジャ サッポロ)」「アルズ・バー」という札幌市内にあるディスコのエリートコースを歩みました。

「オンリーワンに」モデルとして東京から海外へ

海外を拠点にモデルとして活動

海外を拠点にモデルとして活動

――そこからナイトカルチャーへ?
 全く違うんです。「ホリプロタレントスカウトキャラバン」の「第1回飛び出せ日本男児」に応募しました。細川茂樹さんや「笑っていいとも」に出演していた工藤兄弟がいて、彼らとともに最終候補の5人に残ったんです。その時に、東京のモデル事務所からオファーがかかり、モデルとして東京へ進出しました。

――当時の東京でモデルとして活動。華やかな世界でしたか?
 華やかな世界でしたが、仕事がありませんでした。日本中から東京に集まるので。「オンリーワンになるしかない」と考え、体を鍛えあげました。服が着れないので、オーデションに呼ばれないぐらい鍛えてました。海外からオファーがかかり、海外に拠点を移しパリコレにも出演しました。

――世界がどんどん広がっている感じですね。
 今の自分を形成しているのは、スポーツよりも海外での経験ですね。イタリアのモデルの友達と2人で歩いている時、女の子と目が合いまして。

 僕は素通りしたが、その友達が「今女の子と目が合ったでしょ。彼女たちはトモのことがカッコいいと思ったから見てたんだよ。振り返って見ていてあげようよ」と言ったんですよ。

 「なんで?」と聞いたら、「彼女たちが振り返ったときに、僕ら男が背中を向けているのは。女性に失礼じゃないか」と。その後、その女性たちが振り返ったので、手を振ってカフェに行ったんですよね。

 日本のカフェというと、お茶を飲むだけの文化だが、イタリアでは夕方になると音楽が流れ、アルコールも提供し、ちょっと踊る感じです。

 カフェも時間帯で色々な形態に変わるんだと。そこで僕は、今の仕事につながるきっかけのお店の名前に「カフェ」と必ず付けてけたんですよね。