週間番組表

MENU CLOSE
検索

ネイルサロンから出発…"事業多角化" 美容にとどまらず保育や児童発達支援も「メルヴェ」佐藤麻紀さん #BOSSTALK

社会 道内経済 友だち追加

 3.6坪のネイルサロンからスタート、今では美容業界にととどまらず、保育や児童発達支援事業も手がける株式会社「メルヴェ」。代表取締役の佐藤麻紀さんに多角化成功のポイントを聞きました。

 メルヴェは2006年に札幌市で創業しました。個人事業主として3.6坪のネイルサロンからスタートし、2012年に法人化。ネイルやエステ、脱毛、サウナサロンなどの美容事業に加え、保育や児童発達支援事業を展開しています。

3.6坪のネイルサロンを開業…最初は"閑古鳥"

開業当時のネイルサロン

開業当時のネイルサロン

――事業は多岐にわたりますね。
 ネイル、エステ、サウナサロン。脱毛サロン、通所支援事業所4店舗、企業主導型の保育園、洋服のレンタルサイト運営をしています。全部で13店舗です。

――幼いころはどういう子どもでしたか?
 小学校から器械体操を習っていました。中学・高校から新体操に。全国大会、国体選手として出場し、強豪チームに所属していました。体を動かすことがとにかく好きだったので、運動が大好きでしたね。

――学校を卒業後は?
 高校卒業後はカーディーラーに就職。正社員として働いていましたが、手に職をつけたいなという思いがありました。

 幼少から細かい作業や絵を描くことがとっても好きだったので、ネイリストを目指そうと思い退社。スクールに通いながら、大阪で3年間修行しました。

 働きながら2004年に長男を出産した後、2006年に札幌市で3.6坪の小さなネイルサロンを開業しました。

――札幌でネイルサロンを開業し、売り上げはどうでしたか?
 札幌市でネイリストとして働いた経験がなかったので、最初お客様はゼロ。閑古鳥が鳴くような感じでスタートしました。

 「ママー!」と大泣きし常に追いかけてくる2歳の子どもを保育園に預けてました。

 店に行ってもお客様は来ないので、ただひたすら掃除したり、チラシを折ったりしながら、「情けないな。こんなことやっていていいのかな」と不安になりながら、日々を過ごしていました。