週間番組表

MENU CLOSE
検索

国定公園で"クマのフン" 町職員が発見 前日も近くでクマ目撃 キャンプ場は閉鎖 警察やハンターが警戒 北海道七飯町

事件・事故 社会 友だち追加
発見されたクマのフン(提供:七飯町)

発見されたクマのフン(提供:七飯町)

 6月1日、北海道南部の七飯町にある大沼国定公園でクマの糞が見つかりました。付近では5月31日にもクマの目撃情報があり、近くのキャンプ場は閉鎖しています。

 クマの糞が見つかったのは七飯町東大沼・大沼国定公園内にある大岩園地で、6月1日午後12時30分ごろ、釣り人から連絡を受けた町の職員がハンターとともに現場行き、クマの糞を発見し、警察に通報しました。

 警察によりますと、付近には既にクマの姿はなく、人や物の被害はないということです。

 現場付近では5月31日にも、車で通勤途中の住民が東大沼キャンプ場(七飯町東大沼)から南に約200メートルの場所でクマを目撃。

 これを受け、31日からキャンプ場は閉鎖となっていました。

 町はクマへの注意を呼びかける看板を設置するとともに、警察やハンターが付近のパトロールや警戒にあたっています。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル