北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

ファイターズ移転後の「札幌ドーム」 “スケートボード場”がオープン…練習する場所が少なく 市中心部では迷惑行為も

社会 コラム・特集 友だち追加

 札幌市豊平区の「札幌ドーム」に、新しいスポットが誕生しました。競技人口が増えているスケートボードの練習場です。滑る場所が増える一方で、整備の難しさなど課題も見えてきました。

 「札幌ドーム」の2階テラス南側、5月20日にプレオープンしたスケートボードエリアです。広さ約1600平方メートル。国内最大級という全長約60メートルの、波状の高低差がつけられた「パンプコース」などがあります。

 利用者:「楽しかった」

 利用者:「音を気にせず滑れるのでいいなと思った」

 利用者:「五輪競技になりメダリストも出ているのに、練習する場所が札幌市にはあまりなかったのでうれしい」

5月28日オープン 料金は無料

 5月28日に本オープンし、料金は無料。10月ごろまで設置されます。東京五輪の正式種目となり、北海道出身選手の活躍で注目を浴びたスケートボード。札幌市内の練習環境はどうなっているのでしょうか?

 札幌市東区で9年前から営業しているスケートボード場「CRASS -ActionSportsHouse-」。約100人が所属し練習しています。

東区のスケートボード練習場

 生徒:「エックスゲームで1位を取りたい」

 生徒:「五輪に出場し、優勝して家族にお金をあげたい」

 札幌市内の練習場の数は十分なのでしょうか。

 CRASS -ActionSportsHouse- 西田 政治オーナー:「大きな施設は札幌にはないので、そういった面では物足りなさを感じているユーザーも多いのではないか」

 練習場所の不足からこんなことも。

大通公園でスケートボードをする若者も…

 八木 隆太郎 キャスター:「午後8時の札幌市中央区の大通公園です。若者がスケートボードで遊んでいます。帰宅時間のサラリーマンにぶつかりそうで危険です」

 大通公園ではスケートボードの使用が禁止されていますが、この日は6人ほどの若者の姿が。

 禁止されている場所でスケートボードをしていた人:「スケートボードをやってはいけない場所なのは知っているが、環境が良くとても滑りやすい場所なので。周囲にスケートボード場もない。駅も近いのでいろいろな人が集まりやすい」


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル