北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

今からでも間に合う!満開"桜スポット" 『穴場』は定山渓・真狩村・美唄市 大型連休の〆にいかが?「2023ラストお花見」

社会 友だち追加

 大型連休も残すところあと2日。

 2023年は例年より早く開花した桜。

 もうちょっと楽しみたかったな、という方に、今でも楽しめる満開スポットをご紹介します。

 2023年は例年に比べ2週間も早く桜が開花した札幌市。

 中心部では、ほとんどが散ってしまいましたが、郊外にはまだまだ満開の桜スポットがあるんです。

札幌の観光地、定山渓では満開の桜とこいのぼりが共演

 まずは札幌市中心部から車で50分ほどの南区定山渓です。

 札幌市中心部と比べ、開花が2週間ほど遅れる定山渓は今が見頃。

 多くの観光客で賑わっています。

定山渓の「三笠緑地」は、大型連休中でも人が少ない『穴場スポット』

 安野 陽介 ディレクター:「三笠緑地ですって。ゴールデンウィークで満開なのに、全く人がいないです」

 定山渓の温泉街から車で5分ほどの三笠緑地。

 約50本のエゾヤマザクラが植えられ、賑わう温泉街と比べて人が少なく満開の桜を一人占めできる穴場スポットです。

約800本の桜が植えられている「小金湯さくらの森」

 さらに定山渓の少し手前、国道230号線沿いにある「小金湯さくらの森」には、札幌市内最大級11種類、約800本の桜が植えられています。

 札幌市から来た人:「生まれて9か月。初めての桜です。手を伸ばしたりずっと見上げたり、よく見ます」

「真狩神社」の参道は真狩村自慢の桜スポット

 続いては、札幌市から車で約2時間。後志の真狩村です。

 この村の自慢の桜がこちら。

 真狩神社の参道です。

 開拓民が真狩入植時に植えたという桜並木。

 約50本のエゾヤマザクラが植えられていて、中には樹齢100年を超える老木も。

 残雪を抱く羊蹄山から吹き下ろす冷気のため、開花が遅いと言われ、例年は大型連休開けに満開を迎えますが、2023年は5日ほど早く満開を迎えました。

 札幌市から来た人:「いい写真が撮れました」

お花見のあとは道の駅で一休みも。ジャガイモ詰め放題などのイベントも

 お帰りの際はちょっと寄り道はいかがでしょう。

 道の駅真狩フラワーセンターは、5月7日までリニューアル1周年ウィーク。

 じゃがいもの詰め放題に、4月29日に新設されたちびっこ広場で子どもを遊ばせることもできますよ。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル