週間番組表

MENU CLOSE
検索

鳥インフルの"陰性"確認で5月1日「搬出制限区域」解除へ 北海道千歳市の養鶏場"卵の出荷"可能に

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道千歳市で発生した鳥インフルエンザについて、北海道の検査で陰性が確認され、5月1日から搬出制限区域が解除されることになりました。

 千歳市では4月7日に市内の養鶏場で3例目の鳥インフルエンザが確認されました。

 この養鶏場から半径3キロ以内にある別の養鶏場で道が検査を行った結果、陰性が確認されたため、道は半径10キロにわたって規制していた「搬出制限区域」を、1日午前0時に解除します。

 今回、陰性が確認された養鶏場では今後、手続きなしで卵を出荷できるようになるということです。

 千歳市で相次いだ感染で卵の価格が高騰するなど影響が続いています。