週間番組表

MENU CLOSE
検索

またネコの死がい…腹部が切れて尻尾のない状態 動物の異常な死がい発見相次ぐ 同一犯か? 北海道釧路市

事件・事故 社会 友だち追加

住民に注意を呼び掛けている北海道警釧路署

 北海道の釧路市で4月21日、腹部が切られたネコの死がいがみつかりました。釧路市では人為的に切られたとみられるネコの死がいや、動物の足などが見つかっていて、警察が関連を調べています。

 ネコの死がいが見つかったのは釧路市桜ケ丘6丁目の住宅の敷地内です。21日午後4時ごろ、住人がネコの死がいを発見し、警察に「敷地内にネコの死がいがある」と通報しました。

 見つかったネコは腹部が縦に切られ、内臓が見える状態で、尻尾も切られていました。

 警察は人為的に切られた可能性が高いとみて調べています。

 釧路市では、4月5日に釧路市白樺台1丁目の住宅敷地内で頭部と尻尾のない状態のネコの死がいが見つかっているほか、13日には釧路市桜ケ岡2丁目の歩道で、切断された動物の脚が見つかっていました。

 今回死がいが見つかった現場は、桜が丘中学校に近く、最初にネコの死がいが見つかった現場から1キロほど離れた場所でした。

 警察は同一犯による犯行の可能性もあるとみて関連を調べるとともに、付近の住民に不審な人物を見かけた場合は警察に通報するよう呼びかけています。