北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

サクラ色の優しいデザイン JR北海道が新型車両737系公開 5月から室蘭線で運行 従来のディーゼル・キハ143形から刷新

友だち追加

新型車両737系

 JR北海道は4月19日、新型車両737系を公開しました。これにより運行区間のJR室蘭線の苫小牧~室蘭間の所要時間は最大17分短縮されます。

新型車両737系

 19日に公開されたのは苫小牧~室蘭間に導入される新型車両737系です。

 外観にサクラ色が施してあり、親しみを感じてもらえるようデザインになっています。

新型車両737系

 従来のディーゼル列車・キハ143形などに比べ、電車化により走行性能が向上し、平均で9分、最大17分の時間短縮ができます。

新型車両737系

 また、二酸化炭素の排出量が7割以上少ないうえ、メンテナンスがしやすいことも特徴です。

 これにより苫小牧~室蘭間の気動車列車66本のうち、約8割が"電車"になります。

新型車両737系

 座席は全てロングシートを採用し、通路が広くなり、通勤・通学の混雑緩和が期待されます。

新型車両737系

 また初めて中央にフリースペースを設け、車いすや、ベビーカーなどでも景色を楽しみやすくなります。

新型車両737系

 この新型737系は今年度、函館線にも導入予定です。室蘭線のデビューは5月20日です。


  • みんテレ
  • 北海道チャンネル