北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「ボトルtoボトル」とは? ペットボトルの"新たなリサイクル"広がる 年間1100トンを循環へ 北海道の自然を守るため

友だち追加

 ごみとして回収され、圧縮されたペットボトルです。

 この多くが容器や衣類などに再生されていますが、今「ボトルtoボトル」という取り組みが北海道東部エリアで広がってきています。

釧路湿原と阿寒湖

 手付かずの自然が残る湿原にタンチョウなどの貴重な野生動物。

 湖に生息しているのは特別天然記念物のマリモです。

 釧路湿原と阿寒湖。

 この2つの国立公園を抱える北海道釧路市が環境を守ろうと取り組んでいるのが、ペットボトルのリサイクルです。

洗ったペットボトルを回収する専用の袋

 田中 うた乃記者:「このようにごみステーションにはペットボトル専用の袋が置いてあります。洗ったペットボトルをこの中に入れて回収されていく仕組みです」

 札幌市など多くの自治体では、各家庭から資源ごみを「びん・缶・ペットボトル」として回収しますが、釧路市ではペットボトルは単独で専用の袋に入れて回収しています。

 回収は週に1回で、釧路市内であわせて2.5トン以上のペットボトルが運ばれてきます。

 釧路市 市民環境部 上平 涼さん:「実際に集められたペットボトルは職員の手によって混ざっているゴミやキャップなどを取り外しております」

ペットボトルを分解し新品に再生する

 ペットボトルは専用の機械で圧縮され、週2回、釧路港から船で神奈川県の工場へ。

 工場でペットボトルは砕かれ、さらに薬品を加えて、分子レベルまで分解。

 不純物を除去して、ペットボトルを新品に再生する「ボトルtoボトル」という取り組みです。

 日本国内で年間販売されているペットボトルは約230億本.

 このうちまたペットボトルに再生されるのはわずか15%程度です。

 残る85%は容器やカーペット、衣類などに再生されていますが、いずれは捨てられ、その多くはリサイクルされていないのが現状です。

リサイクルを知ることでごみの減量につながると語る上平さん

 釧路市 市民環境部 上平 涼さん:「釧路市として何にリサイクルされているか分からないという状況もありました。広く市民の方にペットボトルがペットボトルにリサイクルされていることを知ってもらうことで、ごみの減量につながっていくのかなというメリットは感じています」

「ボトルtoボトル」の取り組みを知ってもらおうと2月、釧路市の小学校で出前授業が行われました。

 JEPLAN 岩崎 靖之さん:「ペットボトルをリサイクルすると、何に生まれ変わるでしょうか」