北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

五輪招致で経済活性化?くらし優先? 札幌市長選スタート 論戦始まる… 知事候補たちも週末駆け回る

政治 友だち追加

オリンピックモニュメント前で演説

 一方、知事選は告示後、最初の週末を迎えました。

 立候補しているのは、いずれも無所属の現職と新人、合わせて4人です。

 SNSを中心に活動を続ける新人の門別芳夫候補(61)。

 この週末は、北海道東部を回りました。

 電気代の高騰などで、北海道民の生活が苦しくなっているとして北海道の予算を見直し、それぞれの家庭を手助けをする給付金制度を作りたいと訴えました。

 門別 芳夫 候補(61):「財政の2割を使って、毎月世帯主に1万円、扶養家族には5000円、ご夫婦2人暮らしなら1万5000円、一人暮らしなら1万円となります」

門別芳夫候補

 現職の鈴木直道候補(42)は北海道東部を遊説。

 多くの人に囲まれます。

 物価高を受けたこれまでの経済対策の実績を強調し、引き続き知事として仕事をさせてほしいと訴えました。

 鈴木 直道 候補(42):「コロナ、ウクライナ侵攻で物価・エネルギー価格も高騰する。道政には一秒たりとも空白を空けるわけにはいかない。4年間でできた信頼関係をもとに知事として仕事をさせてほしい」

鈴木直道候補

 新人の池田真紀候補(50)は週末、北海道南部から室蘭方面を回りました。

 冷たい雨が降る中、集まった支持者としっかりと握手。

 地方では、仕事や結婚、老後に不安がある人が多いとして、地方に寄り添った政策を進めていきたいとしました。

 池田真紀候補(50):「今いる人たちの価値をしっかりと高めるその力。地域の宝を地域の力にしっかり変えていく。これが地域循環型経済になると思います。そして今、働いてる人たちの仕事がある。将来に希望をもてる。知事1期4年で務めさせていただきたい」

池田真紀候補

 北海道百年記念塔の保全を強く訴える新人の三原大輔候補(48)

 25日、百年記念塔が立つ札幌・厚別区で、「百年記念塔は北海道開拓への感謝が込められたものだ」などとして、改めて壊すべきではないと訴えました。

 三原 大輔 候補(48):「百年記念塔を守ろう。みんなで守ろう。これは自分の戦いじゃない。みんなの戦いなんですよ」

 徐々に支持が広がっていると実感しています。

 三原 大輔 候補(48):「(解体反対派は)すごいかたい握手をしてくれて頑張ってよと言ってくれる。それは嬉しい」

三原大輔候補

 北海道知事選挙と札幌市長選挙は4月9日、投開票されます。

  • みんテレ
  • 北海道チャンネル