北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

今シーズン最強の寒波 北海道で"数年に一度”のレベル…猛吹雪に警戒を すでにJRの運休相次ぐ

社会 友だち追加

 今シーズン最強の寒波です。北海道内は数年に一度の寒気が流れ込み、厳しい寒さになっています。

 1月24日夜から日本海側で猛吹雪になる予想で、交通障害などに警戒が必要です。

 数年に一度の強い寒気が流れ込んでいる北海道。

 札幌市の最高気温は氷点下5.1℃と、今シーズン一番の寒さになりました。

 この寒さの中、市民は朝から雪かきに追われました。

 札幌市民:「猛吹雪だった。午前5時20分くらいから、約10cmくらい積もった」

 午後は各地で気温が下がり、午後4時には札幌市で今シーズン初めて氷点下10℃を下回ったほか、日本海側で氷点下10℃を下回る寒さになっています。

 1月25日が寒さのピークで、札幌市の予想最高気温は氷点下10℃となっています。

 また、北海道内は冬型の気圧配置が強まっていて、雪と風が強まっています。

 1月25日にかけて予想される最大瞬間風速は、日本海側と太平洋側で35mとなっています。

「最強寒波」暮らしへの影響

 25日夕方にかけて予想される降雪量は、多い所で日本海側は50cm、オホーツク海側は40cmです。

 日本海側を中心に、猛吹雪や大雪に警戒が必要です。

 すでに交通にも影響が出ています。

 JR北海道では雪と低温の影響で、24日は90本の列車が運休しました。24日午後5時30分現在、25日は北海道中央部と北部を中心に特急11本・快速エアポート28本を含む179本が運休することが決まっています。

  • みんテレ
  • 北海道チャンネル