北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

北海道の酪農「危機」 すでに生乳"廃棄"… 約1億円赤字の牧場も 「おいしく使おう」で消費拡大へ

社会 友だち追加

 北海道の酪農がかつてない危機に立たされています。

 2021年の暮れは消費が増加に転じたことで、生乳を廃棄することが回避できましたが、2022年はすでに廃棄の動きが出てきています。

 生乳のヨーグルトをたっぷりと使ったサンラータン焼きそば。

生乳のヨーグルトをたっぷりと使ったサンラータン焼きそば

 山花温泉リフレ 三船 昭浩 中華調理長:「酸っぱさがヨーグルトを入れることによって、まろやかなコクが出て、お子様でも食べられるように考えました」

 そして、カラッと揚げた牛乳豆腐のカツをトッピングしたカレー。

牛乳豆腐のカツをトッピングしたカレー

 釧路市のレストランが北海道産の生乳をもっと消費してもらおうと開発したメニューです。

 レストランの客:「毎回来るたびに頼んでいます。牛乳が良いんだと思います」

 牛乳や乳製品の原料となる「生乳」。エサ代の高騰などが酪農家に重くのしかかっています。

 友夢牧場 植田 昌仁 社長:「(今年のエサ代は)5億1000万円くらい。それだけ飼料費が上がっています」

 一部の牧場では生乳を廃棄せざるを得ない事態に…。日本の食卓を支える北海道の酪農が存続の危機にさらされています。

北海道の酪農が存続の危機に

 ホースから排水溝に流れていく白い液体。牧場で搾られたばかりの生乳です。

 友夢牧場 植田 昌仁 社長:「11月7日からなんですけど、(1日に)1トンから2トンくらい廃棄せざるを得ない状態です」

排水溝に流れていく生乳

 十勝の新得町で牛900頭を飼育する植田昌仁さんです。コロナ禍などで生乳の需要が減ったことで、4月から生産量を減らすように求められました。

 2021年は1日29トンほど搾っていましたが、現在は1日25~26トンにとどめています。

 牧場の牛をこの半年で50頭ほど減らしましたが11月、生乳を廃棄する苦渋の決断をしました。

牧場の牛を半年で50頭ほど減らした

 友夢牧場 植田 昌仁 社長:「排水溝に流れているのを見ると、本当にやるせないというか、この思いをどこにぶつけていいのかという思いです」

 追い打ちをかけるのがエサ代の高騰です。

 友夢牧場 植田 昌仁 社長:「(エサ代)はうちの牧場だと、去年3億8000万円くらいだったのが、今年はあと1か月なんですけど、5億1000万円くらい。それだけ飼料費が上がっています」

  • みんテレ
  • 北海道チャンネル