北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

年末年始にかけ「ウニ」価格が高騰…北海道産1折2万円 北方四島産も仕入れ値が倍に

道内経済 友だち追加

 年末年始の食卓を彩るウニ。普段はなかなか手が出ないけれど、この時期は特別ですよね。2021年は赤潮の影響で価格が高騰しましたが、2022年はどうなっているのでしょうか?

 丼にたっぷりと盛り付けられたウニ。とろけるような舌触りと濃厚な旨みが魅力です。北海道釧路市の和商市場の「露風庵」のウニ丼は、10月から漁が始まった北方四島産のウニを使っていますが、仕入れ値は例年の倍と頭をかかえます。

 露風庵 横田 國勝さん:「このウニは値上がりして1折6000円以上する。これに安いものを混ぜる。ウニ丼1杯2300円で出しているが採算が合わない」

北方四島産のウニは円高の影響で価格が高騰

 北方四島産のウニは輸入品として扱われるため、円安の影響を受け価格が高騰しているのです。

 買い物客:「口に入らなくなった。寿司にウニが入らなかったりして寂しい」

 店ではやむなく12月10日からの値上げを決めました。

 露風庵 横田 國勝さん:「200円上げれればいいかな。原価分を値上げできるかというと、今の状態だとそうはいかない」

 例年、この時期は北方四島産のウニの他に北海道産も流通します。2022年の北海道内のウニ漁は、どうなっているのでしょうか?

 12月3日、北海道東部の厚岸町でウニ漁が始まりました。2021年に発生した赤潮で厚岸町ではウニの8割が死ぬ被害があり、2022年は2か月遅いスタートとなりました。

厚岸町ではウニ漁始まる…実入りは良好

 この日の水揚げは約1.1トンと例年の半分程度でしたが、実入りは良好だということです。

 ウニ漁師 横田 秀敏さん:「1年前の状態はウニ漁を続けていけるのかなという思いでしたが、この先明るい方向にいくと思います」

 高いもので1キロあたり約1万円の値がつきました。漁業関係者によりますと1万円を超えたのは初めてだということです。

 赤潮からの回復にはまだ時間がかかるため、今後も高値が続く見通しです。

 ウニ価格の高騰は札幌市でも。徐々に外国人観光客が戻り始めた二条市場では、北海道産のウニが品薄です。

観光客が戻り始めた二条市場では北海道産のウニが品薄

 ほんま 本間 浩 社長:「北海道産のウニは1折6000円から7000円くらいで入っていたが、現在は1折1万8000円くらいになった。それに消費税がかかり約2万円くらい」

 そのため北方四島産に頼らざるを得ない状況ですが。こちらも店頭価格が2000円から3000円高くなっているといいます。年末年始にかけて、ウニの値段はどうなるのでしょうか?

 ほんま 本間 浩 社長:「値段は上がると思う。客がその値段で買うのかどうか。店側も高い商品はストックできない」

 北海道産も北方四島産も品薄。ウニはしばらく高根の花となりそうです。

  • みんテレ
  • 北海道チャンネル