北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

小樽に「こたつ船」登場 冬でも"あったかい" ナイト運河クルーズ 船上で地元特産の魚介料理に舌鼓!

道内経済 友だち追加

 この冬、小樽市の繁栄を支えてきた歴史的な観光スポット「小樽運河」で、新たな楽しみ方「こたつ船」が登場しました。

 新崎 真倫 記者:「水面に映るイルミネーションが本当に魅力的。この時期は夜風が少し寒くはあるんですが、いまはとっても快適なんです。というのも、こちら!『こたつ』が用意されているんです」

船の中に「こたつ」が…

 船の中に、まさかの、こたつ?

 12月1日から小樽にあるホテル「OMO5小樽」が開催するイベント、『小樽運河こたつクルージング』

 小樽運河のクルージング会社「カナルボート」と協力し、電気ゴタツを4席設置した特別な船を制作。冬の小樽運河の夜景を温まりながら楽しめる「こたつ船」クルージングとなっています。

温まりながら小樽運河のクルージングが楽しめる

 OMO5小樽 沖 拓人 総支配人:「冬の課題として"寒さ"がある。より寒さを楽しめる企画を考えられたらという思いで、この企画に至りました」

 「"こたつの温かさ"をお伝えしたかったのが1つ。道内の方にとっては実はこたつが意外に身近ではない。道内のお客様にも楽しんでもらえるのではないか」

 新崎 真倫 記者:「魚介の"うま味"がギュッと詰まっています」

道産食材の料理も提供

 こちらの「こたつ船」では、地元小樽の食材を使った料理も提供。小樽の特産品である「ニシン」を始めとした魚介のブイヤベースはこのイベントでしか食べられない特別な料理となっています。

 新崎 真倫 記者:「ニシンの身もすごいふっくらとしていて、トマトと魚介のうま味とすごくよく合っています。クルージングで本格的なお料理が楽しめるというのも贅沢ですね!」

魚介のブイヤベースはニシンの身がふっくら

 こたつと料理で内と外から温まりながら小樽運河の夜景を堪能できます。

 船を運航する会社も、小樽の冬の観光客増加に期待をしています

 カナルボート 白畑 博信 さん:「どうしてもやはり冬場の集客が課題であった。冬は夏場の25%くらいしかお客さんが来ない。それをこたつで少しでも温まってもらって、冬も運河クルーズを楽しんでいただけるということで今に至っている」

 「冬も小樽はキャンドルを並べたりなど、夏場と違った景色がみられるので、ぜひ冬もクルーズを楽しんでいただければと思っています」

クルージングはOMO5小樽の宿泊者限定で開催

 『小樽運河こたつクルージング』は12月1日から2023年3月まで。OMO5小樽の宿泊者限定で開催しています。

  • みんテレ
  • 北海道チャンネル