北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「ストーブから出火した」窓から噴き出す黒煙と炎…”暖房器具”原因の火事相次ぐ 日常生活に潜む出火原因

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道内ではストーブが原因とみられる火事が相次いでいます。

 気温が下がり、ストーブを使い始めるこの時期は特に注意が必要です。

 窓からモクモクと吹き出す黒煙と炎。

 11月23日夕方、帯広市で住宅が燃える火事がありました。

 この家に住む男性がケガをして病院に搬送されました。

 男性は通報の際、こう話していました。

 「ストーブから出火した」

 さらに、11月23日、蘭越町でも倉庫が燃える火事がありました。

 警察によりますと、灯油ストーブをつけて作業が行われ、ストーブの消し忘れがきっかけで、何らかに引火した可能性があるということです。

 11月21日には苫小牧市でも火事があり、この家に住む2人とみられる遺体が見つかりました。

 実況見分の結果、2階にあったストーブ付近の燃え方が激しいことが分かり、警察はストーブが出火原因の可能性があるとみて調べています。

 相次ぐ、ストーブが原因とみられる火事。

 日常生活の中でどこにでも火事に繋がるリスクが潜んでいます。

 ペットがソファを走り、洗濯物がストーブの上に落ちます。

 やがて、引火しストーブから火が出ます。

 コロナ禍ならではの危険も。

 ストーブ近くでアルコール消毒を使用すると。

 NITE製品安全広報課・岡田有毅さん:「アルコールの主成分はエタノールですけど、可燃性の液体化した高い液体となっている。アルコールを吹き付けたり、濡れたものを近づけてしまうと、引火して大きく燃え上がってしまう恐れがある」

 暖房器具を使い始めるこの季節こそ、改めて注意をすることが必要です。

  • みんテレ