北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

北海道で累計"100万人"突破 高齢患者の療養「このままでは対応できない」変化必要!病院のコロナ対応

社会 くらし・医療 友だち追加

 ついに北海道内の累計感染者が100万人を突破してしまいました。

 道内では11月22日、過去最多の1万1394人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。

 これまでにないほどの感染拡大で、医療現場はひっ迫し対応の変更を余儀なくされています。

 道内では11月22日、新たに1万1394人が新型コロナウイルスに感染。

 過去最多を更新しました。これで、道内の累計感染者数は100万人を超え、5人に1人が感染したことになるなど感染拡大が止まりません。

コロナ対応を変えるべきと訴えるDMAT 近藤 久禎 事務局次長

 11月に入って連日、全国で最多の感染者が確認されている道内では、通常医療の提供が難しくなり始めています。

 国立病院機構本部 近藤 久禎 DMAT事務局次長 :「すべての医療者がしっかり対応できるような病気に変えていかないといけない。今、あの波の高さには対応できないのではないか」

札幌では救急搬送で3時間30分の待機を強いられたケースも

 再び過去最多を更新した道内。救急医療のひっ迫が進んでいます。

 札幌で11月、新型コロナに陽性となり救急搬送された80代の女性患者は、受け入れ先の病院が決まるまで3時間30分も待たされました。

 このほかにも先週、4回以上搬送を要請し、30分以上も現場に待機させられた救急搬送の困難事例が195件にのぼっています。

 このうち157件はコロナ以外の患者だったということです。

患者を隔離することで、ほかの病気を悪化させるケースも

 原因の一つとして考えられるのが、高齢者施設での集団感染、クラスターです。

 政府から派遣されている災害派遣医療チーム、DMATの医師は高齢患者のケアが課題だと指摘します。

 国立病院機構本部 近藤 久禎 DMAT事務局次長 :「コロナによる重症患者が非常に増えてきて、それが医療圧迫をしているというわけではない」

 近藤医師によりますと、高齢者施設で感染した入所者を隔離した場合、体を動かす機会が減り、体調が悪化するケースが多いと言います。

 誤嚥性肺炎や尿路感染症を引き起こし、最悪の場合は死亡する例もあるといいます。

  • みんテレ