北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

知床観光船沈没事故から7か月 悲劇を未来に生かすには…地元に生きる人たちの苦悩と模索

事件・事故 社会 道内経済 友だち追加

 北海道知床沖で観光船が沈没した事故から、11月23日で7か月がたちます。20人が亡くなり、いまだ6人が行方不明のままです。

 悲劇を未来にどう生かすのか。知床で生きる人たちの思いとは?

 協和漁業部「OYAJI」店長・漁師 古坂 彰彦さん:「地元の俺らが食べている、おいしい食べ方を味わってもらいたい。うちの会社で取った魚しか出さない。他のものは使わない。種類は限られちゃうけど、その中でいろいろアレンジしていこうかなと」

 北海道斜里町で魚料理の店を始めた、漁師の古坂彰彦さん。

 自分で取った魚を振る舞うのが好きなのがきっかけで、自身の愛称の「OYAJI」を店名にしました。

 メニューに並ぶのは、知床の豊かな海の幸です。

魚料理の店「OYAJI」

 協和漁業部「OYAJI」店長・漁師 古坂 彰彦さん:「沖に行けば思い出しますよ、だんだん寒くなってくると。あの時も寒い日でしたから、船に乗れば思い出します」

 4月23日、知床沖で乗客・乗員26人の観光船「KAZU1」(カズワン)が沈没した事故。

 古坂さんは副救助長として連日、捜索にあたりました。

 事故から4日目に、古坂さんの班が菓子やゲーム機などが入った小さなリュックサックを発見。亡くなった3歳の女の子のものでした。

 当時捜索にあたった 古坂 彰彦さん:「孫がちょうど3歳の女の子。ゲームもよくしていて、重なってしまって。本当にかわいそうだなと思う」

当時捜索にあたった 古坂 彰彦さん

 20人が亡くなり、今も6人の行方がわかっていません。

 協和漁業部「OYAJI」店長・漁師 古坂 彰彦さん:「船に乗っていると漂流物とか必ず見て走っているので、何か変わったものがあれば寄って見る」

 行方不明者の手がかりはないか。今も漁の合間に目を凝らします。

 あの日から7か月。沈没事故は知床で生きる人たちに大きな影を投げかけました。

 悲劇を未来への教訓とする、町の人たちの思いとは。

  • みんテレ