北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

“秋サケ”豊漁続く 前年の2倍近い水揚げ…「イクラ」も安値に 年末年始の食卓にうれしい知らせ

社会 くらし・医療 友だち追加

 うれしい話題です。食品の値上げが続く中、北海道を代表的する味覚が手に入りやすくなっています。

 秋サケの水揚げが2021年の2倍近くあることから、イクラの値段も安くなっているんです。

 キラキラと輝く、まるで「海の宝石」。

 年末年始の食卓には欠かせないイクラです。

 2021年は赤潮などの影響で高値となっていました。2022年の値段はどうなっているのでしょうか。

「海の宝石」イクラ…2022年の価格は?

 次々と港に揚げられる秋サケ。

 赤潮の影響を受けた2021年の水揚げ量は1600万匹あまりでしたが、2022年は2倍近くの約2900万匹。

 川に遡上したものを含めると、7年ぶりに3000万匹の大台に乗りました。

秋サケの豊漁が続いている2022年

 例年だと水揚げのピークが過ぎる11月ですが、2022年は豊漁が続いています。

 北海道東部の標津町の水産加工会社は、イクラの生産でフル稼働しています。

 山十前川商店 新浜 健太さん:「うれしいですね。予想していないぐらいの水揚げ。前の年の2倍前後のイクラを作っている」

 豊漁の恩恵は食卓にも。

 水上 孝一郎 記者:「札幌市東区のスーパーです。税込みで100グラム700円台の『生筋子』が所狭しと並んでいます」

 札幌市東区のスーパー「マルコストアー東苗穂店」では、2021年は100グラム当たり1000円台以上だった「生筋子」が、2022年は700円台から800円台に。

 秋サケの豊漁が続いていることから、仕入れを続けています。

100グラム700円台の『生筋子』が所狭しと並んでいる

 生筋子を買った客:「2021年はイクラは一切食べなかった。久しぶりに食べたいと思った」

 生筋子を買った客:「ずっと高かったから、これはお安いですね」

 マルコストアー 滝澤 貴勝さん:「2022年の出始めは2021年と同じような値段だったが、ここにきて値段が下がって買いやすくなった。仕入れを担当して5年目だが、11月にサケが豊漁なのは初めて。もう少し続くのではないか」

 食品の値上げが相次いでいますが、「生筋子」の今後の値動きは?

 マルコストアー 滝澤 貴勝さん:「年末にかけてイクラのしょうゆ漬けを食べることが多いので、今この機会に買っておくのがチャンス。豊漁が続く限りこの値段で販売したい」

 豊漁が続く秋サケ漁。2021年は赤潮などの影響で高根の花だったイクラですが、年末年始にかけて期待が持てそうです。

  • みんテレ