北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

亡き指揮者の思いを胸に…厚真に響く"希望のメロディー"胆振東部地震から4年吹奏楽団の歩み

社会 コラム・特集 友だち追加

 胆振東部地震で37人が犠牲となった北海道・厚真町。

 あれから4年余り、地元の吹奏楽団が復興の音色を響かせました。

 ♪「春よ、来い」

 11月12日、町民や災害ボランティアなど約150人が会場で見守る中、厚真町で開かれた演奏会の様子です。 

 被災から4年余り感謝と追悼のメロディーが響くまでの歩みを取材しました。

 厚真町民吹奏楽団。厚真町民による厚真町民のための楽団です。

 この日は団員の仕事終わりの夜に、町内の児童会館で発表に向けて練習をしていました。

 厚真町民吹奏楽団 高橋 尚揮さん:「あまり合同演奏というのはなかなか無いので楽しみと言えば楽しみですけど、不安でもあります」

楽団のパーカッション担当高橋尚揮さん

 楽団のパーカッション担当、高橋尚揮さん。尚揮さんは高校生のころから楽団に参加しています。

 参加するきっかけは楽団で指揮者を務めていた「かずおじさん」こと松下一彦さんです。

 松下 一彦さん:「ありがとうございます。木星」

 松下さんは尚揮さんの祖母の弟に当たります。

 ただ、この日の練習にかずおじさんの姿はありません。

 4年前の9月、大規模な土砂崩れが発生し37人が命を落とした厚真町。松下さんもその1人で自宅が土砂崩れに巻き込まれ、長男とともに犠牲となりました。

 厚真町民吹奏楽団 高橋 尚揮さん「優しくて真面目な人。みんなが慕っている人」

楽団で20年以上指揮者を務めた松下一彦さん

 松下さんは農業を営みながら、楽団で20年以上指揮者を務め、楽団にとっての大黒柱のような存在でした。 

 被災後は松下さんの遺志を継ぐ形で活動を再開しましたが、その大黒柱を失った影響は大きいものがありました。

 厚真町民吹奏楽団 高橋 尚揮さん:「本番とか癖で前向いて誰もいないときに、いないないないいないわって感じになっちゃう」

 厚真町民吹奏楽団 下司 義之 団長:「団の中で意見が食い違うときに松下さんだったらこういう風にふわっとまとめてきたよなと」

 迷った時、メンバーは松下さんを思い浮かべます。 

  • みんテレ