北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「魚よりごみが多い海に」深刻な海"ゴミ"問題…楽しみながら海守る"ビーチコーミング"美しい海を未来へ

社会 くらし・医療 友だち追加

 将来の海は、魚よりプラスチックの方が多くなる。

 そんな衝撃的な予測をご存じでしょうか。

 未来の海を守るために動き出した大学生が港町・函館市にいます。

 海からの悲鳴、聞こえていますか。

 函館山を望む海岸で2022年6月、あるものが見つかりました。

 大量の注射器、その数200本以上。ロシアから漂着したとみられています。

 函館市民:「もう帰ります。そういう話を聞いたら怖いので」

 心配なのは注射針だけではありません。

 海を漂うプラスチックゴミは細かくなり直径5ミリ以下の「マイクロプラスチック」になります。

「マイクロプラスチック」は魚の体内でも見つかっている

 魚の体内でも見つかっています。

 アースデイ函館 高橋 あかりさん:「拾えました? すごいいっぱい拾えたね」

 そんな海の悲鳴に耳を澄ませる、子どもたち。楽しみながら海を守る、港町で始まった挑戦です。

 2022年8月、函館市が小学生を対象に開いたある催し。先生役として協力したのが環境問題に取り組む大学生のグループです。

 浜に向かい、海の宝さがしが始まります。漂着物を集める「ビーチコーミング」とも呼ばれる取り組み。

海の漂流物を集める「ビーチコーミング」

 代表の高橋あかりさん。

 楽しみながら海のゴミ問題を知ってもらおうと、この宝さがしを続けています。

 アースデイ函館 高橋 あかりさん:「未来の地球を守るために、何か動くきっかけになってくれたらいいと思うので」

 アースデイ函館 高橋 あかりさん:「ここらへんすごいなぁ。ゴミばっかり。めっちゃゴミ」

 中でも子どもたちの目を引いたのは。

アースデイ函館 高橋 あかりさん:「ここらへんありそう」

 これはシーグラス。

「シーグラス」も海にあってはいけないもの

 アースデイ函館 高橋 あかりさん:「瓶が海に流れて、波で削られ丸くなって岸に流れ着いたのがシーグラス。もとはゴミなので、海にあってはいけないもの」

 中でも際立って多かったのがプラスチックごみ。

 集まった10キロほどのごみの6割を占めました。

  • みんテレ