北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

【コンサドーレ】小柏剛 独占インタビュー「川崎戦 劇的なゴールを生んだ“ある意識”」

スポーツ 友だち追加

ランニング中の小柏剛選手

 Q.ケガから復帰して、小柏選手が得点を取りに行く、前を向く姿勢がすごくあるように見える。意識に変化はー

 「スピードを落としながらやるというのは意識していて、周りが見えてきたなというのは自分の中ではある。川崎戦のゴールは“このスペースが見えて”という繋がりだった。良い判断ができている。自分で行くところだったり誰かに預けるところだったり、判断ができていることが最近は良いところだと思う」

 Q.元日本代表FW鈴木隆行さんと、久保竜彦さんが小柏選手のことを分析。鈴木さんは“抜け出しやスピードがあるので点が取れる”とした上で、足りないところは“シュートの意識” 自分が点数を取ってチームを引っ張っていくという意識がもう少し出てくると得点を量産できるんじゃないかと話していたー

 「点への意識は色々な方から言われますし、シュート数は試合によってバラつきがある。川崎戦は5本、他の試合は0本だったりバラつきがある。もっともっとFWとしてシュートを打っていかないといけない」

 Q.久保さんは体のぶつけ方。槙野智章選手(ヴィッセル神戸)と体をぶつけながら抜け出したシーン。小柄な選手でも体のぶつけ方ができている。もっとぶつけ方が伸びると思うと話していた。相手ディフェンダーとの接触に関してはー

 「体が小さいので相手の懐に入るのはいつも意識している。スピードがあるタイプだと思っているので相手に接触せずに抜き切れれば一番良い。相手にタックルされ負けてしまうことが多いのは思っている。学生の頃から相手とボールの間に体を入れて、しっかりボールを隠すことができれば倒されてもファールになる。相手のタックルの力を利用して突破するのも学生の頃からやってきた。久保さんが言うようにもっともっと成長できると思いますし、もっとストロングとしてやっていきたい」

“自覚”が芽生え始めた小柏剛選手

 Q.FWとしてチャンスメイクをするタイプか、自ら突破して得点を量産したいかー

 「したいのはもちろん得点量産ですけど、場面、場面にあった判断をしていきたい。 数字が残せれば一番良い。強引に悪い判断をしてまでシュートを打ちにいきたくない。良い状態の選手がいるならそこを使っていきたい。そこが見えてないといけないなと思っているのでFWとして数字は残したい。しっかりとした判断はしたい」

 Q.勝てば残留が決まる試合。どんな活躍で貢献したいかー

 「(川崎戦のように)得点に絡んでいければ良いです。勝ち点3を取れば残留となっていますけど、固執せず目の前のアビスパ福岡に対して、自分が対峙するセンターバック、目の前の相手に集中して1つずつ倒していきたい。それが僕の仕事かなと思っています」

 Q.今季、小柏選手がケガで欠場し、結果的にチームが低迷する時期もあったがー

 「チームが苦しい状況で下位に沈んでいくのは自分も残念でした。自分がいればというよりは“勝ってくれ”と思い試合を観ていました。自分が入ったらどんなプレーが選択できたかなと、いつも自問自答していた。それが復帰してスッと試合に入れた理由です。チームのことを考えながらケガをしてしまう体を改善していかないという悩みもあった。難しい期間ではありましたけど、成長できたと実感できています。ケガをしないように気を付けていきたいし経験を生かしていきたい」

  • みんテレ