北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

「スーパーにウニがない」被害81億円"赤潮"から1年 “1パック1万円” で取引など影響残る 今後は

事件・事故 社会 友だち追加

 北海道東部の海を中心にウニやサケなどが大量死するなど、深刻な漁業被害を出した2021年の“赤潮”

 あれから1年、今も苦境が続く漁業の現場を取材しました。

 八木 隆太郎 キャスター:「波打ち際が白く茶色く濁っています。青く澄んだ北海道の太平洋の海に異変が起きています」

 2021年秋、北海道東部の海を襲った赤潮。

 異常発生したプランクトンの影響でウニやサケが大量死するなどし、被害額は国内史上最悪となる81億円にまで膨らみました。

海の色が…

 あれから1年、海産物の状況はどうなっているのでしょうか?

 釧路市のスーパーです。海産物などが並ぶ店内で置いていないものがありました。

 田中 うた乃 記者:「スーパーの鮮魚コーナーには、マグロ、サーモンなどの刺身が置いてありますが、ウニの姿はありません」

 北海道東部のウニは出荷量が少なく市場で1パック1万円の高値で売買されているため、この店では入荷を見合わせているほか、ほかの産地のウニも仕入れが難しい状況です。

 あいちょう 相澤 長昇 社長:「一大産地だった場所が大打撃を受けると、他の産地のウニの値段も上がるので、消費者や売り手にも難しい状況です。浜中産、釧路町・昆布森産、厚岸産、霧多布産のウニが大打撃を受けて5年~10年は厳しいのではないかと言われています」

スーパーに「ウニ」の姿はない…

 漁業の現場はどうなっているのでしょうか。

 例年、10月初旬にウニ漁が解禁となる厚岸港。

 しかし、ウニ漁は行われていません。

 ウニ漁師 横田 秀敏さん:「海底のウニを集めて貯めておくとか、ヒトデを駆除する仕事です。水揚げするウニはないです」

 厚岸町では2021年、赤潮でウニの8割が死にました。

 海底には真っ白になった死骸が広がり、その中には、2022年以降に水揚げされる予定のウニも含まれていました。

 ウニ漁師 横田 秀敏さん:「死んでいくウニ。トゲがなくなっている。海域によっては全滅の場所もある」

  • みんテレ
  • 北海道チャンネル