北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送 北海道に、ユーがいる。|北海道文化放送


MENU CLOSE
検索

高騰「新築マンション」札幌市中央区で“3LDK3000万円台”が登場 平均5000万円超の中なぜ

社会 道内経済 友だち追加

 分譲マンションの高騰が続く中、札幌市中央区で「3LDKで3400万円台」という中央区としてはかなりリーズナブルなマンションが登場しました。

 地価や建築資材が高騰し値上がりが止まらない中、実現できる理由とは。

 一建設 折茂 哲晴 担当課長:「リビングから知事公館を見られるのが魅力。都心でありながら自然がある」

 札幌市・中央区の分譲マンション「プレシス・知事公館前」です。

季節が感じられる景色

 目の前の知事公館は、市民憩いの場所。

 今は、木々も徐々に色づき始めています。

 ここは道立近代美術館にも近い文化ゾーンとして知られ、マンションから地下鉄東西線西18丁目駅までは徒歩4分。

 大きな病院も数多く立ち並ぶとても便利な場所です。

 そんな人気エリアに建つ15階建てのマンション。

 5000万円を軽く超える高価格と思いきや…

 一建設 折茂 哲晴 担当課長:「3LDKタイプで3400万円台から」

札幌中心部の人気エリアで"3LDKで3400万円台"から

 (Q:お客さんはびっくりする? )

 一建設 折茂 哲晴 担当課長:「驚きますね」

 高騰続く札幌市の中央区で、これは破格といっても良いほどの分譲価格。

 どうやって実現しているのでしょうか。

高騰が続く"札幌市のマンション価格"

 近年、札幌市内のマンション価格は高騰し続けています。

 新築の平均価格は2021年、ついに5000万円を突破しました。

 背景には、低金利や相次ぐ再開発があり、円安やウクライナ侵攻で今後も資材の高騰が予想されています。

 札幌生コンクリート協同組合は、2023年4月に生コンの価格を1立方メートル当たり4500円値上げし、2万円にすると決めました。

 マンション価格の高騰に歯止めがかかりません。

間取り

 そんな中、この知事公館前のマンションは、15階建てのツインタワーで、ロードヒーティング付きの駐車場も完備。

 もちろん風呂・トイレ別でシステムキッチンを備えた上で、3LDKが3400万円台からとかなりリーズナブル。

 その理由は?

 一建設 折茂 哲晴 担当課長:「広さを抑えて価格も抑えるというかたち。こちらの部屋は60.54平方メートルになります」

 3LDKの間取りは2つあり、リビングダイニングキッチンは、12帖から14帖ほど。

 4帖から5帖の洋室が3つあります。

 価格は3400万円台から5200万円台までです。

  • みんテレ
  • 北海道チャンネル